レクサス 国産

レクサス NX|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

Urban Sport Gearとして生まれたNX。研ぎ澄まされたボディに凝縮されたダイナミズムをお確かめください。(強い個性を放つアグレッシブなフォルム/レクサスのスポーツイメージを宿したフロントフェイス/都市部でも扱いやすいボディサイズ)

引用元:LEXUS




インテリア

ドライバーが心地良く、使いやすい空間。シンプルな造形の中に、機能美を直感できる構造を散りばめたインテリアをお確かめください。(心地良い包まれ感を生む、タイトなコックピット/すぐれたホールド性を実現するスポーツシート (“F /SPORT”)/細部までこだわった質感表現)

引用元:LEXUS




基本情報

全長 4640mm ドア数 5
全高 1645mm シフト CVT(無段変速車)/6AT
全幅 1845mm 駆動方式 フルタイム4WD/FF
車両重量 1710~1850kg 定員 5名
排気量 1998~2493cc JC08モード燃費 12.4~21.0km/L

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」。「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。ターボ搭載の「NX300」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。ラインアップは、「NX300」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX300 Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、専用アルミホイールを装備した「NX300 Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX300 バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。それぞれにFFと4WDを設定。安全装備では、低速域から高速域まで衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準設定。今回、ITS(高度道路交通システム)専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した安全運転支援システム「ITS Connect」をオプション設定した。また、事故や急病時は車両データをもとに重症度を指定してドクターヘリ等の早期出動判断を行う「D‐Call Net」にも対応し、緊急時の対応力を高めた。さらに、セキュリティ機能も強化している。さらに、国内における累計販売台数50万台達成したことを記念して「Iパッケージ」をベースに「NX300h 特別仕様車 ブラックシークエンス」、「NX300 特別仕様車 ブラックシークエンス」を設定。エクステリアは、スピンドルグリル&フレームとドアミラーをブラックに塗装。さらに、フェンダーアーチモールをボディカラー同色とすることで、NXらしい艶やかさを強調した。また、黒のアクセントとなるブロンズ・カラード切削光輝アルミホイールをオプション設定。安全運転を支援するパーキングサポートブレーキ(静止物)を標準設定した。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

普段国産車にあまり乗る機会がないのですが、訳あって2日間
レクサスNXを乗る機会がありましたのでレビューします。

【エクステリア】
最近街中でもよく見るレクサスNX。都内の環境や道を考えると
サイズ的には非常に良いと思われます。
今回乗った車両は17インチホイールで最小回転半径5.4m
小回りもきくので、都内の狭い道でも非常に取り回ししやすかったです。
スピンドルグリルは個人的には好きではありませんが、レクサスブランドを
象徴するデザインのため、まぁ…ありなのかもしれません。

【インテリア】
正直、所詮トヨタです。
樹脂製パーツが非常に多く、とりあえず運転中に目に入るところとか、
見えやすいところを革張りにしました。といった印象です。

【エンジン性能】
ハイブリッドモデルですのでパワーは期待しておりませんでしたが、
最低ラインを下回るレベルです。いざ加速したいタイミングで、
全く車が加速しない。3秒後にようやく速度上がり始める…。くらいの
もっさりレベルです。

【走行性能】
トヨタらしい道路の応答性を全く感じない、魔法の絨毯のような走行性能です。
カーブなどでも外側と内側の荷重の具合が全く伝わってきません。
これは人の好みによるかもしれませんが、私は苦手です。いきなり滑りそう。
あとブレーキが車重に対して貧相すぎる。全然効きません。

【乗り心地】
とにかくサスが柔らかい。柔らかいという表現は語弊がありますね。
サスが道路の段差などで縮んだ後、車の上下運動を抑えることなく、
ずっとやんわりバウンドします。ただソフトな乗り心地を実現するために、
柔らかいサスと柔らかいダンパーを組み合わせた安易なサスセッティングです。

【燃費】
これはハイブリッドが寄与していますが、非常に優秀です。
燃費を気にせず走行して12.5km/L

【価格】
あくまでカタログベースの価格しか知りませんが、私はこの車に500万を出したいとは思いません。

【総評】
トヨタのプレミアムブランドであるはずのレクサスですが、ここまで車の作り込みが
甘いとは思ってはおりませんでした。
同じトヨタ車のプラットフォームにLバッジをつけたものという評価をよく見かけてましたが、
非常によく的を得た表現と感じました。
プレミアムブランドで上乗せしている価格分の良さを私は全く感じることができませんでした。
強いていうならば「プレミアムブランドバッジ」の使用料でしょうか。

内装のデザインや店舗のデザインより先に、基本である車の「走る」・「曲がる」・「止まる」を
もっとしっかりすべきではないかと私は感じました。

引用元:価格.com




【エクステリア】
Fスポのパーツ(取ってつけた感)を嫌いVarsion Lにしました。ただ、こっちはこっちでフロントグリルのメッキが少し目立ちすぎる気がします。特に下部のアンダーガーニッシュ風の処理はナマズのように間延びして見えてとてもブサイク。もう少し上品にならんのか?
ただし、このコンパクトな車幅の中でマッシブなラインや面処理などはとても好感が持てます。踏ん張ったような後ろ姿もGOOD。

【インテリア】
内装色リッチクリームを選びましたが樹脂とシート表皮の色が若干違うのが気になるかな。でもぱっと見高級感はあります。ドアトリムやスイッチ類のデザインも日本車的な不快なところがないのは美点。ただ設計年度が古いためか?スマホをおいておくところが無い。
あと、リモートタッチの操作性の悪さとナビの使えなさ(目的地が全然出てこない!)は想像を超えています!これは試乗では気付けなかった!結局ナビはスマホのアプリで転送しています。自動車メーカーは何かと独自の入力デバイスを使いたがりますがiPhoneの使いやすさにはかないませんよ。さっさと全てApple CarPlayに対応してほしい。

【エンジン性能】
街中ではトルクがモリモリある感じではありません。でも追い越しなど一瞬早く走りたい時にはストレスを感じることなくシューンと加速してくれます。

【走行性能】
まあまあシャキッとしてますが少し早めに曲がると思ったよりロールあるかな。ここがFスポとは違うところなのかもしれませんが。
降雪地帯なのでAWDは必須でした。この評価は未だです。

【乗り心地】
可もなく不可もなく。この価格ならもう少ししっとり出来たと思います。

【燃費】
悪いです。ターボ&AWDなので仕方ないのかもしれませんが街乗り8km前後。あとこの車はハイブリッドを基準に設計されているのか?燃料タンクが小さいため給油の頻度が多くて不便です!

【価格】
全体的な満足度に対しては高い。でもこの価格帯(込み600万)でこの大きさの輸入SUVは存在しない。だからやっぱり安いのかな。

【総評】
購入前の期待が高すぎたのでしょうか?契約から納車まで約4ヶ月、晴れてオーナーになりましたがなぜか車に乗り込む時それほどの高揚感がありません。。。レクサスが日本でベンツやアウディと同じくらいの値段がつけられないのはこの辺りにあるのではないでしょうか。
と、少し辛口で書いてしまいましたが総じて良い車です。現存する車でウチが今必要とする用途や条件を満たしてくれたのが唯一NXでした。
しばらく所有してみてまた良いところが見つかり、愛着が湧いてくることを期待しています。

引用元:価格.com




【エクステリア】
マイナーチェンジで特にフロントの印象が良くなって、どっしり感が増しました。スピンドルグリルのデザインがマッチしてきたなぁと思います。シーケンシャルウィンカーの採用で、周りからの視線を感じます。

【インテリア】
ボタンが多いと言われる評論家の方もいますが、ナビ画面にエアコンの操作などを集約させてボタンを限りなく減らしてしまう方が画面を見ないといけないので危険度は増すと思います。NXはエアコンの操作をする時にハンドルの位置から手をほぼ真横に動かせば操作出来るので、視線の移動も少なくなるし、覚えてしまえば直感的に操作出来るのでとても良いと思います。

【エンジン性能】
のんびり走りたいと思えるクルマなので、そんなにアクセルを開ける事はないんですが、低回転域のトルクがもう少し太いともっと良くなると思います。スポーツモードにすればアクセルレスポンスが良くなって元気に走ります。

【走行性能】
直進安定性が高くて、コーナーでの踏ん張り感やライントレース性もいいので肩の力を抜いて運転出来ます。

【乗り心地】
GLCに比べると段差を越えた時の揺れの収まりが良いし、揺れそのものも少ないと思います。今回も4WDをチョイスしたんですが、GLCの時にハンドルを切りながらアクセルを踏むとガガガッとジャダーみたいな変な挙動もなく助手席の友達も安心して乗っています。Fスポーツですが、ゴツゴツした感じはありません。長距離でも疲れないシートです。

【燃費】
ここは改善してもらいたいです。流石に今の時代、6ATは古いと思います。それなりに重量があるんで、せめて8ATぐらいの多段化ATにすれば燃費も今より改善されると思います。

【価格】
レクサスは値引きをしない販売スタイルなので、今回は将来のリセールの事や、値引きにばかり商談時間を費やすのに嫌気がさしていたんで高いとも安いとも思っていません。自分好みに色々オプション付けたんで満足しています。

【総評】
元々レクサスに関心はあまりなかったんですが、欧州車のリセールの悪さやGLCの出来の悪さにうんざりしていて、以前訪れた事があったレクサス店に足を運んで色々と試乗させて頂いて、車の品質の良さを体験して購入を決断しました。お店で働いている方々の対応も質が高く、洗車も無料でやっていただけるので本当に買って良かったと思っています。日本の道路事情を考えると都心に行っても取り回しが良くて、駐車場にそこまで気を遣わなくてもいいのでやっぱり日本車ならではだなぁと思います。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
441.1~597.1万円
中古車価格帯
289.9~708.0万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-レクサス, 国産

  関連記事

関連記事

レクサス IS|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア レクサスのスポーツセダン、IS。揺るぎない走りへの意思を凝縮させた、アグレッシブなスタイリングをお確かめくだ …

レクサス LS|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア レクサスの新たな挑戦から生まれた、唯一無二のデザイン。フラッグシップセダンの風格とエモーショナルさを両立した …

ホンダ ステップワゴン|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア安全性基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 大人を満たす美しいスタイル 街で目を惹く、力強さと洗練が融合したデザイン 存在感を際立たせるLEDのシ …

ホンダ レジェンド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア安全性基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:ホンダ インテリア 引用元:ホンダ 安全性 レーダーとカメラを融合した先進の安全運転支援システ …

日産 フーガハイブリッド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:日産 インテリア 引用元:日産 基本情報 全長 4980mm ドア数 4 全高 1500~1510m …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種