フォルクスワーゲン 輸入

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




装備

シルバールーフレール:アウトドア用品などの積載に便利。純正アクセサリーのキャリングロッドを簡単に取り付けることができます。また流麗なルーフラインを強調し、エクステリアをスタイリッシュにします。

専用装備:ゴルフ オールトラック専用装備。アンダーガード付フロントバンパーやエアインテークフレーム、ヘッドライトウォッシャー、ハニカムフロントグリル、アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)他 を専用装備。

ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UVカット機能付):室内の快適さや安心感を高める。陽射しを抑えるとともにプライバシーを確保、室内の快適さや安心感を高めます。紫外線対策にも配慮し、UVカット機能付ガラスを採用。

スライディングカバー:荷物の大きさに合わせてカバーのスライド位置を3段階に調整可能。外から見えないように荷物を覆うことでプライバシーを保護するとともに、走行時に荷物が座席へ飛び出すことを防ぎます。

スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”:キー操作なくドアロックの作動・解除やエンジンの始動・ 停止が可能。ポケットや鞄の中のキーを感知し、ドアハンドルに手をかけるとドアのロックが解除。コンソールのスタートボタンを押すだけで、エンジンの始動・停止ができます。

引用元:フォルクスワーゲン




インテリア

専用ファブリックシート:肌触りのいい上質なファブリックを使用した専用シートを採用。快適性とホールド性を両立しています。

電動パノラマスライディングルーフ:室内に心地よい光と風、開放感をもたらす。前席から後席まで続く大きな開口部が、室内に心地よい光と風、そして開放感をもたらします。強すぎる陽射しを軽減するサンシェードと、乗員を紫外線から守るUVカットガラスを備えています。

引用元:フォルクスワーゲン




セキュリティ

渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”:渋滞のストレス軽減。レーンキープアシストシステム“Lane Assist”とアダプティブクルーズコントロール“ACC”を組み合わせた、渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”は交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況においての運転を支援します。

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付):前方の車や歩行者を検知して衝突被害軽減をサポート。衝突の危険が予測される場合には、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起。ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。

ダイナミックコーナリングライト:ステアリングの動きに連動して照射。ステアリング操作に連動し、ヘッドライトの照射エリアを細かく調整。曲がる方向を適切に照らし出し、より安全性を高めます。

ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール):横滑りなどをコントロールしてサポート。走行時の予期せぬ障害物の回避や滑りやすい路面での横滑りを防ぎ、走行安定性を高めます。

引用元:フォルクスワーゲン




基本情報

全長 4585mm ドア数 5
全高 1510mm ミッション 6AT
全幅 1800mm 駆動方式 フルタイム4WD
車両重量 1540kg 定員 5名
排気量 1798cc JC08モード燃費 13.5km/L

本格的なクロスオーバー4WD(四輪駆動)ステーションワゴン「ゴルフオールトラック」。フォルクスワーゲン独自のフルタイム四輪駆動システムで最新(第5)世代のハルデックスカップリングを採用した「4MOTION」を組み合わせることで、ラフロードでもつねに優れた走行性能を実現。1.8L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)エンジンを搭載し、6速DSGトランスミッションを組み合わせる。最高出力は、132kW(180馬力)、最大トルクは、280Nm(28.6kgm)を発揮。ラインアップは、「TSI 4モーション」を設定。2機種のVolkswagen純正インフォテイメントシステムは、画面が大きくなり、視認性を大幅に向上。ラジオシステムの「Composition Media」は6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付の「Discover Pro」も8インチから9.2インチになった。さらに「Discover Pro」は、スイッチ類が無くなって、全面フラットになったタッチスクリーンへと進化したことで、使い勝手も向上した。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

口コミ・レビュー・評判

【エクステリア】
ごちゃごちゃしてないスッキリしたデザイン。メッキはあくまでアクセント、落ちついたデザインなので10年後でもまともに見れると思います。

【インテリア】
オールトラック仕様にしなくてもよかったかな。ヴァリアント仕様の方が好き。それでもどこぞのメーカーみたいに派手じゃなくていい。

【エンジン性能】
余裕があっていい。常識の範囲での高速、峠での巡航、追い越し、再加速に不満なし。

【走行性能】
前者はゴルフ6でしたが雪道でガスガス当たるのが気になっていました。オールトラックはノーマルより少し最低地上高を上げただけなのに雪道での気持ちが楽になりました。最低地上高を上げたわりにはフニャフニャしてなくていい、絶妙な上げ幅なのかも。
3速と4速の間が欲しい気がする。

【乗り心地】
フニャフニャしてなくて楽。特に長距離が楽。

【燃費】
車のメーター読みでちょい乗りだと10km/lくらい。高速100キロ巡航だとたぶんカタログ値に届かないくらい。
田舎の雪道含む下道150キロくらい走ると17km/l後半以上というすごいばらつき。ちょい乗りは燃費気にする意味ないし高速は意外と乗らないし田舎の遠出が多いので満足。

【価格】
自分にとっては高額だけど、車ってこんなもんでしょ。○ヨタみたいに外側だけ立派で中身がどうにもならない車売られるくらいなら高い方がマシ。
【総評】
スキーが縦に積めること、4WD、少し高い最低地上高、峠を楽に登る力、運手が楽しいことを満たす車を探していました。アウトバックも検討しましたがでかすぎ、力無い、とろくさくフニャフニャ、なによりもCVTの制御がいまいちで見かけだおしということで正反対の感触があったオールトラックにしました。日本に確保している在庫の関係もあって欲しくないオプションてんこ盛り、高額になってしまいましたがディーラーの方に頑張ってもらい満足いく価格で購入出来ました。とはいえ高いもんは高いので15年は乗ることになると思います。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

初めまして。レガシーグランドワゴン(アウトバックのこと。分かる人ほとんどいてないだろうな~)からほぼスバル車に乗ってきましたが、この度ゴルフオールトラックに乗り換えました。ゴルフオールトラックのレビューがあまりにも少ないので、紹介しておきたいと思います。ゴルフオールトラックに乗り換える前に乗っていたSJ系フォレスター2.0XT Eyesight、その前に乗っていたBR系アウトバック2.5i Eyesightを比較対象にして、ゴルフオールトラックの購入価格(値段が高ければ車はやっぱいいので)を基準としてレビューします。
【エクステリア】
いいです、一目惚れです。これがきっかけで購入を考えました。昨今の国産車の特徴である「ガンダムデザイン」と一線を画するデザインは、逆に新鮮かつ工業製品らしいデザインを強調していてて素晴らしいと思います。
【インテリア】
運転席から目に入る、運転するのに目のいく範囲でのインテリアはいいと思います(つまりインパネ周り)。華美なところがまるでなく、かといって質感が安っぽいとは決して思いません。しかし車載説明書が入りきらないグローブボックスはいただけません。あれだけ分厚い説明書を渡すのなら、それが収まるグローブボックスにしてほしいです。それと国産車に比べれば小物入れ等の使い勝手は悪いです。例えばサンバイザーについてる鏡の扉を開けるとライトがつくのは素晴らしいのですが、駐車券が挟めるようなストラップはついていません。本来ならもっと星数を減らした評価にするべきなのでしょうが、カーステ(古いか、この言い方)の音質が素晴らしい。アウトバックのメーカーオプション「マッキントッシュ」(現行型はハーマンカーダンですね。そっちはよく分かりません)と比べても引けを取らないか、音が立体的に感じる分オールトラックの方が上に感じます。なのでインテリアは「星4つ」にしておきます。
【エンジン性能】
「DSG」との兼ね合いがあるので何とも言えませんが、いいと思います。出だしも加速も実にスムースで気持ちのいいものになっています。低速からくるフラットなトルク特性は絶大なもので、人を乗せてても上り坂でも加速が衰えることはありません。フォレスターの280馬力からくる加速性能には当然及びませんが、かといって「遅い」と思うほどの差はありません。フォレスターの280馬力から乗り換えても、加速のスムースと気持ちよさで不満はでないと思います。
【走行性能】
ハンドリングは上々です。フォレスターもアウトバック(現行型は分かりませんが)も負けてます。ワインディングで走った場合、これだけ下りが走りやすい車も初めてです。FF(エンジン横置きという意味で)はアンダーステアで曲がりにくいっといった論評は、この車には当てはまらないと思います。
【乗り心地】
硬いと思う人が殆どでしょうが、ボディ剛性とのマッチングはいいと思います。フォレスターの60kmまでのリアからくる不快な突き上げ感、アウトバック(現行型は分かりませんが)の140kmを超えたときにくるピッチング等とは無縁のものとして走ってくれます。市街地を普通に走った安定感をそのままどこのフィールドにも持っていって走ります。つまり安定感は抜群ということです。
【燃費】
悪いとは思いません。なぜならそんなものは走り方で変わるからです。現在950kmを走って10kmちょいなのですが、スポーツモードをガンガン使って高速道路、ワインディングを走ってますので、やっぱこんなものでしょう。燃費を優先させるより、走りを優先させているので仕方がないと思います。燃費を優先させるよりは走らせて楽しい車なので、好きに走らせてリッター8km位に収まればそれでいいです。因みに燃費を優先させればリッター12km位はいくと思いますよ。
【価格】
新車購入価格が400万円をきっているということが、安いと思います。多分この価格でこの丁寧さと上質な走りは味わえないと思います。
【総評】
今迄乗ってきた車で総合的に一番いい車です(一番値段が高いから当然か)。クラウン・フーガクラスの500万円超えの車と比較しても遜色ないです。試乗をすれば分かることですので是非試乗して下さい。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

前車エクストレイルから乗り換え。2017年12月24日契約、翌年1月21日納車と非常に短期間で納車できました。

【エクステリア】
SUVを謳うものの、感覚は見た目どおりツーリングワゴン。基本的にゴルフ7.5と同じなので視界はとてもよいですが、ドアミラーは小さく、後方確認はちょいと気を遣います。
専用バンパーやフェンダーなどで差別化され、ヴァリアントよりもお得感があります。
色はピュアホワイトを選択。タングステンシルバーと最後まで悩みましたが、色味が安っぽく見えなかったので白となりました。
苦労するのは前後ワイパーの適合品が手に入りにくい、アルミホイールの選択肢が少ないくらいかな。輸入車あるあるですね。

【インテリア】
全体的に直線基調のデザインですが固苦しくなく、むしろ洗練された印象。ステアリングスイッチが多くて覚えるのに苦労してますが、慣れの問題でしょう。
シートは専用品。腰やサイドのホールド感は申し訳程度も、包まれ感は見た目以上にあります。シートヒーターの暖まるタイミングは少し遅いですが、ないと困るくらい助かってます。
トランク容量は605Lとクラス最大。ですがグローブボックスなど小物入れのスペースが足りない、または小さくて使いにくい点はちょいと減点かな。
9.2インチディスプレイは大きくて見やすいです。ナビはまだ活用できてませんが、賢いことを祈ってます。
テクノロジーパッケージをオプション選択しましたが、多機能過ぎて覚えるのに必死です(^_^;)アダプティブクルーズコントロールオン時はオドメーターが表示されないので、乗り始めのときは車の総距離がわからず、どうやって距離を表示するのか苦労しました。
メーターは見やすいんですが画面角度が垂直基調なので、パネル外側のデザインに合わせもう少し角度をつけたほうが違和感ないのに…設計者は思わなかったんだろうか?
コンソール部スイッチはとても使いやすいです。左右独立温度調整はカミさんと私の皮膚感覚がまるで違うので、大変便利ですね。

【エンジン性能】
低回転からトルクフルです。まだ慣らし運転中なのでパワー感は不明ですが、少なくとも高速などでの追い越しにストレスは感じないでしょう。
エンジン音は小さいものの低回転からガラガラと…ディーゼルではないですよねワーゲンさん、ココもがんばりましょう。
DSGは(ノーマルモード選択の場合ですが)変速ショックがほぼなくストレスフリーです。ただ、減速時にあわせうまくシフトダウンしたつもりでも、きれいにギアダウンしてくれません。タコメーター見ている限りでは、半クラッチしながらギアが落ちるような動きで、いわゆる“エンジンブレーキ”が効いてない状態になります。このあたりヴァリアント系に搭載している7速DSG車を試乗したことがないので、印象や違いはどうなんでしょう…?
ギアレシオは1・2速がややロー過ぎ、6速はややハイギア。街乗りだと6速にほぼ入らないので、高速専用になりそうですね。

【走行性能】
サスペンションがよく動きますが、決して柔らかいだけでなくきちんと路面の凹凸は伝えます。
ドライバーのステアリング操作に対し車の動きが違和感なく、イマドキのAWDはでしゃばりませんね。またダンパーが秀逸なんでしょう、ストローク時のおつりがしっかり抑えられています。
車重1,540kgと重いのでブレーキの耐久力は未知数ですが、少なくとも冬場は全くヘタレません。

【乗り心地】
心地よいの一言。驚いたのは、季節的に2~3日乗らないとスタッドレスタイヤのドレッド面が少しツブれ、フラットスポットができたような状態から次に乗り出したときにしばらくバタつくはずが、全く揺れずスゥーっと…この感触は初めてです。風音がほぼ入らず、車内が静かにできるのでTVボリュームも必然的に小さくなります。そのため、元々静かなエンジン音が聞こえてしまう現象も。ちょっと贅沢かな。

【燃費】
現在慣らし運転中のため判断つきませんが、街乗りなら2桁は厳しいかも。
ただブースト計をモニタリングしてアクセルコントロールしたり、燃費向上へまだやれる余地はありそうですね。

【価格】
車格から見ると明らかに高いですが…国産車に同じクオリティを求めるとしたらこうなるのかなぁ。ま、値段に見合うとオーナーがそれぞれ判断できれば納得するクオリティではあります。私は…ちょいと高いかな。

【総評】
購入にあたり比較対象としたのは、レガシィアウトバック、アテンザワゴンの2車。
アテンザワゴンは荷室容量が不足、また乗員スペースもやや狭いので、長距離での疲労感は高そうな印象。何より同乗者が疲れます。
国産車にほまだ珍しいナビやTVに選択の余地がない点ではオルトラも条件は一緒でしたが…ディーゼルエンジンは魅力的でしたが早々に落選。
アウトバックは後席スペースが大きくバツグンの居住性、エンジンのパフォーマンスが車重と比較して必要十分で、CVTの伝達出力がうまく違和感ありませんでした。
燃費もソコソコ、安全性能が高いレベルにも惹かれましたが、やはり車のサイズが大柄で回転半径もやや大きく取り回しが不便。荷重との関係もありますがタイヤサイズが大きすぎて、もはや一人でタイヤ交換するにはかなりハードワークなこと、カーナビTVを純正オプション選択すると価格面でオルトラと大差ない上に、スピーカー数や画面サイズが小さく、インテリアが価格に見あわなくなります。
国産車中ではかなり高い次元で創られた車なのは間違いありません。お金があればオルトラと両方欲しいくらいです(^_^;)
最終的に運動性能と車内空間にストレスを感じなかったこと、安全性能も高く、シートクオリティが3車で一番よかったこと、荷室容量が決め手となりました。
私はよく愛犬を連れて出かける機会が多く、また実家への帰省で長距離を走る使い方をします。
外出先で駐車場を利用するので、やはりサイズが大柄なのが…北米で売れるのもそうした不便さがないことも一因でしょう。クルマもこうして進化するので、駐車場環境も進化してもらいたいものです。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
365.9万円
中古車価格帯
165.0~403.0万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-フォルクスワーゲン, 輸入

  関連記事

関連記事

フォルクスワーゲン アルテオン|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリア装備セキュリティ基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:フォルクスワーゲン 装備 スマートエントリー&スタートシステム”Keyle …

BMW M4|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリア|BMW M4 クーペエクステリア|BMW M4 カブリオレインテリア|BMW M4 クーペインテリア|BMW M4 カブリオレ基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エク …

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリアセキュリティ基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア Golf Variant TSI Highline エクステリア | フロントカット Golf …

BMW X5 M|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア エクステリア・デザイン 先ず、あなたの視線はワイドなフロント・エプロンへと注がれるでしょう。大型のエア・イン …

BMW X6|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア ワイドで、逞しく、ダイナミック。BMW X6 はX モデルの迫力あるフォルムとクーペのスポーツ性を兼ね備えて …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種