レクサス 国産

レクサス LC|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

美しさと走りの魅力の一致を目指したLC。フォルム全体から、細部を構成する造形まで、エレガンスと機能を両立したデザインをお確かめください。(低く伸びやかなフロントフード・超小型の三眼フルLEDヘッドランプ・ドアに格納されるアウトサイドドアハンドル・ダウンフォースを高めるアクティブリヤウイング)

引用元:LEXUS




インテリア

室内空間では、人との接点のあり方を機能美として表現しています。クルマとの対話を楽しむためのコックピットを、
ぜひ五感でお確かめください。(クルマとの一体感を生み出すドライビングポジション・ドライビングを支える性能を追求したフロントシート・手の平にフィットするステアリングホイール・熟練の技が凝縮されたシフトノブ)

引用元:LEXUS




基本情報

全長 4770mm ドア数 2
全高 1345mm シフト CVT(無段変速車)/10AT
全幅 1920mm 駆動方式 FR
車両重量 1940~2020kg 定員 4名
排気量 3456~4968cc JC08モード燃費 7.8~15.8km/L

LEXUSが変革の象徴として生み出したフラッグシップクーペ「LC」。ラインアップは3.5L V型6気筒エンジンにマルチステージハイブリッドトランスミッションを組み合わせた「LC500h」、5L V型8気筒エンジンにDirect Shift‐10ATを組み合わせた「LC500」を設定。それぞれに「Sパッケージ」、「Lパッケージ」を用意。マルチステージハイブリッドシステムは、LEXUSのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた世界初の機構。エンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現。新開発Direct Shift‐10ATは、シフトチェンジの際の心地良いフィードバックと、切れ味の良い変速を実現したほか、構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化を実施。また、アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバーの意図を読み取り、最適なギヤを選択する新制御も採用。安全面では、先進予防安全パッケージLexus Safety System+を全車標準装備。歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンキーピングアシスト」(LKA)、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」(AHB)、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節し一定の車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」をパッケージ化した。今回、ステアリングサポートのアルミダイキャスト化による剛性の向上や、ブッシュ特性のチューニングなどによりステアリングフィールが向上。さらに、ショックアブソーバーは伸圧独立オリフィスの採用により、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地と操縦安定性が向上。ブレーキ制御、マルチステージハイブリッドシステムのチューニングなどによりドライバーの運転意図に沿った、より滑らかな加減速を実現。細部まで徹底的にこだわり、LCならではのスポーティな乗り味を進化させた。また、クラウドと車載機でのルート探索を融合したハイブリッドナビゲーションシステムの標準設定により、利便性を向上させている。また、事故や急病時に車両データをもとに重症度を指定してドクターヘリ等の早期出動判断を行う「D‐Call Net」に対応することで、緊急時の対応力を高めた。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

50系LSの代車として4日間乗った感想です。

【エクステリア】
個人的には、LF-AよりLCのほうがバランスが取れたデザインだと思いますし、世界にも十分に通用する優れたエクステリアだと思います。
とにかく、走っていると目立ちますし、恥ずかしくなるくらい、通行人にガン見されます。
高速の追い越し車線では、道を開けてくれる確率が、50系LSより上だと感じましたが、これがデザインの違いによるものかどうか、よく分かりません。

【インテリア】
個性的であり、質感や独特な造形など車格に見合った物で、良いと思います。
後、意外だったのはシートの出来がよく、レクサス車の中でも、よく出来たシートだと思いました。ホールド性も良い割に、当たりが柔らかく、座り心地が良好です。
一方で、残念ながら、50系LSは、どのグレードでも、長時間座っているとお尻が痛くなりますが、LCはほとんど痛くなりませんし、長時間の運転でも疲れが少ない良いシートです。後、シートのベンチレーションも、夏によく効いて、寒くなるほどだったりします。
ただ、インテリアで残念なのが、シートベルト。テンションリデューサーがうまく働かない感じで、シートベルトの圧迫感を軽減されず、実に不快です。シートに付属しているシートベルトを通すベルトを使っても駄目で、運転中、ベルトの当たりが気になってしょうがないという始末で、ここはガッカリでした。
50系LSは、テンションリデューサーがしっかりと働いているので、シートベルト圧迫感が圧倒的に少ないです。
後、メーターの表示系も、もう少し横に広げたほうがバランスが良い気がしますし、ナビ画面もやや小さく感じます。
それと、マークレビンソンのオーディオは、あまり良くなかったです。特に、低音表現が乏しく、ガッカリです。セルシオやLSで、歴代の純正マークレビンソンオーディオで、ずっと聞いてきました、一番、駄目な方に分類されると思います。

【エンジン性能】
とにかく、エンジン始動時の音が大きすぎで、ご近所迷惑レベルだったりします。
始動時、セルの音のあと、「ブオーーン!」と、どでかい排気音がするので、一般の住宅街で、個室ガレージ無では、はっきり言って、この車は止めた方がいいと思います。恐らく、ご近所から、クレームが来ると思います。それくらい、うるさいです。
まぁ、欧州車のスペシャリティカーはこれが普通だと理解されているのでしたら、問題ないでしょうが、私の自宅では、とてもこの始動音は有り得ないレベルだという認識です・・・・
一方で、走行中の加速音やブリッピング音は、V8のドロドロ音と甲高い音が混ざって、なかなか癖になりそうなサウンドに調教されていますので、良いと思います。かと言って、IS-F、RC-F、GS-Fほどの激しさは感じず、洗練度を増している感じがしました。
因みに、ATセレクターをMにした時の、パドルシフトを駆使してのシフトダウン時は、もはや、レーシングカー的なイメージのプリッピング音がしますし、NA車なのに、マフラーからパンパンと音が鳴る場合もあったりと、もはや、チューニングカー的な乗りなのは楽しいと言えば楽しいです。
当然、5リッターもあるのでトルク感は十分で、吹き上がりも5リッターと思えないくらい鋭く、7000rpm軽く超えます。後、10AT多段との相性も良いと思いますし、変速パターンも疑問は少ない物だと思います。

【走行性能】
シャーシ剛性はメチャメチャ高いと思います。さすが、最新プラットフォームです。ちょっとした悪路でもシャーシの歪み感や、ブルブルすることは全くの皆無なので相当剛性が高いシャーシなのだと思います。
多分、このエンジンから言って、かなりのフロントヘビーなんでしょうが、あまりそうと感じないのは、フロントミッドシップレイアウトと、後輪操舵のお陰なのでしょうか。
ただ、スポーツカーとして期待される回頭性がすごく良いか?と問われれば、それ程ではないですので、やはり、この車は、スペシャリティーカーなんだと思います。
ただ、多分、タイヤがランフラットだからだと思いますが、路面の状態などによっては、ボディー全体の動きにややドタバタ感が出るのが、そこれは、ちょっと残念な感もありますが、これは、タイヤを換える事により激変するかどうか興味深いです。
後、AVSはコンフォート、ノーマル、スポーツ+と3段階有りますが、そんなに大きくは走行性能は変わらない感じがします。コンフォートでも十分な性能が出ますので、基本は、コンフォートで街乗りは十分だと思います。

【乗り心地】
良くはないですが、この手の車としては決して悪く無いと思います。AVSをコンフォートにしておけば、まず、助手席から文句が出ることは無いと思いますし、ノーマルやスポーツ+でも、多分、大丈夫だと思います。
それくらい、不快となることはまず無い位、ある程度の乗り心地性能は確保していると思います。ただ、ランフラットタイヤの影響が大きいと思われるので、ここをノーマルタイヤに換えるとどのくらい、乗り心地が良くなるのか?は大いに興味があります。

【燃費】
はっきり言って、燃費は今どきの車としては悪いと言えます。
ちょっと回転を上げて楽しんでしまうと、簡単に5L/kmを割ってしまいますし、高速を丁寧に走っても、10L/km行くかどうかです。
アイドリングストップなど一切に無いのは潔いのか?、単にエンジンが古くて出来ないのか?という感じの物ですが、まぁ、いい意味で旧態依然のエンジンだと思いますので、ある程度の割り切りが必要なのだと思います。

【価格】
LSより割高感は有りますが、まぁ、この手の車として、この性能を実現しているなら、安いとも思えます。

引用元:価格.com




ディーラーで点検の待ち時間に試乗させてもらいました。

【エクステリア】
ワイドアンドローの流麗なクーペスタイル。一目見て理屈抜きにかっこいいと思わせるデザインです。
コンセプトカーから大きなデザインの破綻もなく、よくぞ製品化したものです。
運転していると道行く人の注目を浴びまくります…

【インテリア】
エクセーヌと本革のコンビネーションインテリアがセンスとスポーティさを感じさせます。シートの着座位置は思ったほど低くないです。
センターコンソールのスイッチはエアコン関係のものが最小限あるだけで細かな設定はリモートタッチで行いますが、タッチパッド式は使いづらい…。
走行モードの切り替えスイッチはメーターフード左側にあるため、いちいち手を伸ばす必要があります。LSやUXをみると今後はここが定位置になるのかしら。

【エンジン性能】
意図的な演出なのでしょうが始動時のエンジン音が凄い。
走行中も低速時にはV8の野太いサウンドが、回すと官能的なエンジンサウンドが楽しめます。静粛性という点では疑問ですが…。

【走行性能】
ハンドリングは素直で予想外に運転しやすいです。
アクセルを踏み込むと、体がシートに押し付けられる加速感があり、メーター表示は瞬く間に法定速度上限まで上がるのですが、視覚的にはそれほど強烈な速さを感じません、なんだか不思議な感覚です。

【乗り心地】
固めでありながらも不快な突き上げ感がないレクサスに共通したスポーティーな乗り味です。タイヤが太いせいか荒れた路面では微振動を感じる場面もありました。

【燃費】
試乗車の燃費計は5.0L/km台でした。5.0Lのエンジンですしそんなものかと…。
この車で燃費を云々言うのは野暮ってもんです。

【価格】
実用性を考えると庶民には到底理解できない価格です。
開発費や専用の工場ラインで匠が組み立てしているのを考えるとこの価格はむしろ安いかも?

【総評】
この価格帯の車は趣味の世界ですね。
人も荷物も積めないし、静かで快適というわけでもなく、燃費も悪い…ミニバンのような実用車とは対極にあるクルマですね。
こういう無駄…もとい贅沢な車を所有維持できるのは限られた人でしょうが、憧れますね。

引用元:価格.com




【エクステリア】
FRをアピールしたリアのボリューム感があるデザインはいいと思いました。
運転席からドアミラーを見ると半分がリアのフェンダーというのはステキです(笑)

【インテリア】
素材は高級感があると思います。
シートもホールド性があり、長時間乗っていても疲れづらいシートでいいと思いました。

【エンジン性能】
RCFと同じエンジンだけど、こちらの方が大人しい感じでした。
反応もRCFの方がよかったと思います。
LCはハイブリッドの方がイメージ的に合っているのかもしれませんね。
でも、悪くはなかったです。
あくまでもRCFと比べた場合の話です。
スポーツカーではなく、ラグジュアリークーペと考えれば十分だと思います。

【走行性能】
ハンドルを切るとリアのタイヤも動いています。
自然な感じなので、運転が上手くなった気がします(笑)
ラグジュアリークーペですが、スポーツカーに近い走りはできると思います。
でも、私的にはのんびりと流して走る方が車には合っていると思います。

【乗り心地】
乗り心地はいいですね。

【燃費】
5LのV8で10km/L走れば燃費はいいと思います。
燃費が云々言う車ではないと思います。
エクステリア等が気に入って燃費が気になるならハイブリッドを選べばいいですね。

【価格】
内容を考えて、同じクラスの車では高くはないと思います。

【総評】
同じクラスの車の中では価格も安いですし、走り等の内容を考えれば十分いい車だと思います。
スポーツカーでは普段乗りに疲れるけど、この車なら長時間のドライブでも苦にはならないと思います。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
1302.2~1452.2万円
中古車価格帯
995.0~1650.0万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-レクサス, 国産

  関連記事

関連記事

レクサス GS|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア GSの姿は、佇んでいるだけで走りを予感させ、鮮烈な印象を与えます。躍動感と品格がダイナミックに表現されたデザ …

レクサス RC F|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 走りのイメージを際立たせたクーペスタイルのデザインと、リアルスポーツカーとしての圧倒的な存在感。RC Fの世 …

レクサス LX|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア SUVにおけるラグジュアリーの究極を具現化したLX。力強さとともに洗練された印象を心に残す、突き抜けた存在感 …

レクサス IS|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア レクサスのスポーツセダン、IS。揺るぎない走りへの意思を凝縮させた、アグレッシブなスタイリングをお確かめくだ …

レクサス CT|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・評判価格帯 エクステリア 大胆かつ緻密な造形が描き出す美しいシルエット。「走る歓び」を全身で体現した デザインをお確かめください。(一瞬でレクサ …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種