フォルクスワーゲン 輸入

フォルクスワーゲン ポロGTI|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

隅々まで息づくGTIならではの個性。ヘッドライトまで延びるラジエーターグリルの赤いラインや、レッドブレーキキャリパーなどGTIを象徴する赤いアクセントがダイナミックな走りを予感させ、さらに力強いフロントバンパー、スタイリッシュなデュアルエキゾーストパイプや17インチアルミホイールなどスポーティなデザインがGTIの個性を彩ります。

引用元:フォルクスワーゲン




インテリア

赤と黒でカラーコーディネートされたスタイリッシュなインテリア。GTI伝統のタータンチェックのシートや赤いステッチを施したステアリングホイール、赤いダッシュパッドなどが、赤と黒でコーディネートされたスタイリッシュなインテリアを作り出しています。シンプルに運転に集中できる使いやすさと、スポーティに仕立てられた空間。いつまでも乗っていたい、どこまでも走って行きたい気持ちがわき上がります。

引用元:フォルクスワーゲン




基本情報

全長 4075mm ドア数 5
全高 1440mm ミッション 6AT
全幅 1750mm 駆動方式 FF
車両重量 1290kg 定員 5名
排気量 1984cc JC08モード燃費 16.1km/L

フォルクスワーゲン「ポロ(POLO)」シリーズのトップグレードとなるスポーツモデル「ポロGTI(POLO GTI)」。今回、フルモデルチェンジを行った。最高出力147kW(200馬力)、最大トルク 320Nmにパワーアップした最新の2L TSIエンジンを搭載し、トランスミッションは、6速DSGを設定。電子制御式XDSディファレンシャルロック、スポーツサスペンション、アクティブダンパーが選択できる「Sport Select」シャシー付スポーツパフォーマンスキット、ドライビングプロファイル機能を標準装備し、自分好みのスポーティな走りを実現。エクステリアには、GTIを象徴するラジエーターグリルの赤いストライプやレッドブレーキキャリパーに加え、専用17インチアルミホイールやデュアルエキゾーストパイプ、リヤスポイラーを採用。インテリアには、GTI伝統のタータンチェックのファブリックシート柄に、レッドステッチの入ったマルチファンクションステアリングホイール、そしてベルベットレッドのダッシュパッドを採用している。ボディカラーは、新色「ライムストーングレーメタリック」を含む全4色を用意。右ハンドルのみの設定。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

口コミ・レビュー・評判

【エクステリア】
直線を多用して、すごく昔の日本車のようなかんじで、ポイントさがりました。

【インテリア】
とてもよかったです。VWのインパネのデザインはすきです。エアコンなどの操作系もよいです。

【エンジン性能】
なめらかにまわりすぎて、存在感が希薄なほどでした。

【走行性能】
とてもよかった。前車の初代アクセラから乗り換えていいなと思いました。

【乗り心地】
よいです。やわらかさはないですけど。同時に試乗したゴルフに比べて、ロードノイズが大きかった。 でもそれは、タイヤのせいかもしれない。音については、評価が難しいです。

【燃費】
燃料代は安くないなと思いました。

【価格】
このクラスの車として高いです。VWは世界業なんですから、いつまでも外車だから高いなんて言わないでください。生産だって、ドイツだけでしているわけじゃないでしょ?

また価格が高いのは買うときだけじゃなくて、修理のときもですよね。買うときに我慢すれば、あとは大丈夫というのならいいですけど、そうじゃないですから、
この価格の高さは、苦しいです。

【総評】
販売店の人は、同時に試乗したゴルフのほうを進めていましたが、こちらでも十分だと思いました。

ただ価格が高く、私は車が一番大事というわけでもないので、ちょっとかいきれないなと思いました。買うとしたら、認定中古車かな、と思いました。それでも、買ってもよいかなと思わせてくれて、うれしかったです。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

今までお世話になっていたUP!はいろいろと個性的で個人的に好きな車だったのですが、独特のギア操作や走り出しのつまづき具合がだんだんとストレスになってきたという家族内からの意見と、3年プランの車種変更時期に差し掛かっていたこともあり、じっくり吟味した後にフルモデルチェンジとなったポロを購入することになりました。

まだ乗り始めて一ヶ月程度ですが、ひとまず新型ポロの感想を書きたいと思います。

【エクステリア】
前モデルのポロは5ナンバーということもあってコンパクトな印象をもっていましたが、3ナンバーとなってもそこまで大きいとは感じませんでした。UP!と比べるとフロントやリアの形状が落ち着いていて、誰でも乗れるような良くまとまっているエクステリアだと思います。前モデルのポロと比べてヘッドランプやテイルランプがシャープになったことも好印象です。

【インテリア】
今までUP!に乗っていたこともあって比較的広くは感じたのですが、逆にUP!の車体であそこまでの車内空間を確保できていたことに驚いてしまいました。デフォルトで付いているタッチパネル式のインターフェースはナビや音楽などの操作をまとめて行えて便利で、なおかつ画面が大きいので運転席側に傾いていなくとも見やすい印象を受けます。

ただ、このインターフェースはどうやら消音にすることができない(?)ようで、ラジオはつけたら音が流れっぱなしということになります。ディーラーさんに問い合わせてみたのですが、消音機能は無いそうです。ですので、音を消したい場合は音量を下げ続けて消音までもっていくという作業をしなければなりません。ナビ機能は優秀で、音声認識で行き先を特定してくれるため、実質ハンドルから手を離さなくてもナビの起動やその他の機能を使用できるのはとても便利です。

【エンジン性能】
当方車のエンジン性能による走りについてはそこまで重要視していませんが、UP!から乗り換えるとやはりギアの変速で出だしをつまづくことがないというのは(マニュアルやASG車以外は当たり前なのでしょうけれど)、たしかにストレスは感じません。いわゆる普通のオートマチック車のようにスムーズです。エンジンの音は抑えられていると思います。

【走行性能】
安定しています。高速道路でもしっかりと地に足をつけて走っている感覚で、この点はレンタカーで何度か借りた国産の同程度の車種と比べても際立った特徴のように感じます。通常の街乗りでもストレスはありません。

【乗り心地】
走行性能と被ってしまいますが、安定していて多少の風では走っていて不安になりません。座席の位置や上下の高さなども細かく決めることができるため、シートによる乗り心地の悪さはありません。ただ、UP!と同様雨の日にワイパーを動かすとガタガタとゴム部分がミラーを擦ってしまう現象がポロでも起きました。ディーラーさんによれば、ワイパーのミラーへあてる強さが強い傾向があるそうです。

【燃費】
まだ長時間乗っておらず数回程度の給油をした段階での燃費は、街乗りでは約リッター17キロ程度です。高速道路中心では概ねカタログスペックに迫るかたちの数値になってくれていると思います。

【価格】
シティコミューターのUP!や同ナンバーの国産車と比べると割高です。また、もう少し上乗せをすればゴルフも視野に入ってくるので、価格帯としては微妙な立ち位置になってしまったという印象を受けます。

【総評】
まだ購入して間もない段階での総評として。安定感やインターフェースの充実は素晴らしいと思います。追従システムや衝突防止アラームなどの現代の機能もしっかりと搭載しており、当たり前とはいえUP!から乗り換えた印象としてはとても良い車だと思います。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

ゴルフ7CLからの乗り換えなので、ゴルフと比較してみたいと思います。

【エクステリア】
ゴルフっぽいところも多々ありますが、ゴルフよりキュッと締まって筋肉質な感じがいいと思います。アルミホイルが意外とかっこいい。でも、もう一回り小さいともっといいんだけどな。

【インテリア】
チープな質感の所もありますが、VWらしく操作しやすくて飽きの来なさそうなデザインは流石です。カーナビのディスプレイはエアコンの吹き出し口の上に来たので運転中も視線の移動が少なくて済みとても見やすくなりました。小物を入れるスペースが不足気味。室内は適度な広さで身長170cmの人が前後に座っても窮屈な感じはしません。前席・後席とも視界は良好なのですが、後ろの窓ガラスが半分しか下りないのはちょっと残念。

【エンジン性能】
パワー不足とよく言われますが、どうしてどうして! 大人5人を乗せて長い坂道も難なく登って行きます。出だしのところだけですね。パワー不足を感じるのは。DSGも進化しており随分滑らかになりました。でも、残念なことにエンジンストップ機能は停止してからアクセルを踏んで再始動するまでに1秒ほどを要するのですが、これが結構不快なんです。更に一時停止から右左折する際、エンジンストップと同時にパワステも切れてしまうため、ハンドルが一瞬めちゃ重くなり操作不能となってしまいます。これについては、早期の改良を望みます。

【走行性能】
高速道路ではBセグメントとは思えないくらい安定して走ります。更にハンドリングはゴルフ以上の出来栄えで、安心してコーナーに入って行けます。ハンドルも気持ち軽くなったのかな。山道も案外得意です。

【乗り心地】
車内はとにかく静か。先代のポロは荒れた道路ではピョコピョコ跳ねる感じがありましたが、今度のはしっとりした乗り心地でゴルフ7と同等以上。特に今、売り出し中のゴルフ・テックエディションはタイヤをインチアップしたせいか、かなりゴツゴツした乗り心地なので僕は今度のポロの方が好きです。座席はゴルフより固めなのですがこれが不思議と長時間座ってもあまり疲れず腰への負担も少なめです。

【燃費】
エアコンをガンガンにきかせて高速道路や市街地、渋滞した道路などを走ってリッター15~17キロくらい。渋滞や信号のない平坦な道を大人しく走ったときはリッター24キロまで伸びました。カタログ値とはそんなに乖離してないようです。

【価格】
発売してまだいくらも経っていないので値引きは厳しかったです。この価格だとあと少しでゴルフが買えてしまうのでかなり悩みました。

【総評】
今度のポロは、ネットなどでは問題作のような評価をよく見かけますが、それはポロに対する期待の大きさの表れからだと思います。ちなみに、今回の買い替えの際、ポロ以外に4車種試乗しましたが、やっぱり一番安心して乗れる車だなぁと思ったのでポロに決めました。特に安全装備については他を大きく離し断トツだと思います。これで、エンジンストップの件と価格さえ改善?されれば、誰にでも自信を持ってオススメできるのですが(笑)VWさん、そこのところヨロシク!

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
344.8万円
中古車価格帯
139.0~374.5万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-フォルクスワーゲン, 輸入

  関連記事

関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラス|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:Mercedes-Benz インテリア 引用元:Mercedes-Benz 基本情報 全長 4826 …

メルセデス・ベンツ Bクラス|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:Mercedes-Benz インテリア 引用元:Mercedes-Benz 基本情報 全長 4400 …

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリアセキュリティ基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア ボディサイドには、直線を基調としたキャラクターラインが刻まれていて、スタイリッシュですよね。ヘッ …

フォルクスワーゲン ゴルフR|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア R専用エクステリア(ブラックフロントグリル、フロント&リヤバンパー、リヤスポイラー、ドアミラー):シ …

フォルクスワーゲン ザ・ビートル|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリアセキュリティ基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:フォルクスワーゲン インテリア ダッシュパッド:外見も中身も、毎日カラフル。ザ・ビートル …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種