国産 日産

日産 フーガハイブリッド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

引用元:日産




インテリア

引用元:日産




基本情報

全長 4980mm ドア数 4
全高 1500~1510mm シフト 7AT
全幅 1845mm 駆動方式 FR
車両重量 1830~1880kg 定員 5名
排気量 3498cc JC08モード燃費 17.8~18.0km/L

2代目となる日産フーガに、3.5Lハイブリッド用「VQ35HR」エンジン(最高出力306馬力)と、モーター(68馬力)を搭載した「フーガハイブリッド(FUGA HYBRID)」。リチウムイオンバッテリーを搭載し、出力特性にあわせて変速特性を最適化したマニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションとの組み合わせとする。バリエーションは「ベースモデル」、ベースモデルから一部装備を削減し価格を抑えた「Aパッケージ」、リヤ電動サンシェードやフロアカーペット(吸音・消臭機能付)を装備した「VIP」を設定。全グレードに「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」を標準装備。今回、遮音ガラスをフロントウインドウガラス、フロントドアガラス、リヤドアガラスに採用することで、静粛性を向上させた。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

口コミ・レビュー・評判

【エクステリア】
Y50とY51はまったく違う感じでそれぞれの良さを感じる。Y50の丸型テールランプが好きで乗り始めたのがきっかけ。Y51は全体的にY50より落ち付き、トヨタのウィンダム最終モデルと似ている。モデルチェンジのサイクルは長いほか、やっぱり外観がシンプルだから古さ感じさせない。

【インテリア】
内装は間違いなく国産車の中ではまったく違うテイストを持つ。。同じクラスのクラウンと比べてもインテリアとは問いかけるとフーガの方が答えは出る。Y51よりY50の室内照明の方が好み。癒される照明で落ち着く。Y50は黒のハーフレザーでしたが、Y51はベージュ色、ドア側の織り込んだ作りはデザインがちゃんと考えていると感じる。2008年レクサスLSと比べてLSはよくある乗用車のデザインで革張りだけかな。最初はLSとGSの中古を探していたが、Y51の内装を見ておしゃれと感じその後はフーガY51中心に探しました。

【エンジン性能】
3.5Lにリチウム電池搭載でモーダー駆動はやっぱりいい。クラウンハイブリッドの走りは全く感動させてくれない。フーガの加速は本当に早い。低速ではモーターとエンジンの切換するときに結構ショックがあり、低速でバッテリー走行と思っていきなりガソリンへと切り替えた時は急な加速となる。まあ、それも慣れれば乗りこなせる。

【走行性能】
むしろ高級車の走りよりもスポーツカーです。普通にハイテクを頼らず、直感でハンドル操作が必要かもしれませんが自分はこれが好み。なんでも車の性能に頼って語るよりも、本来自然の運転する楽しさでこの車を乗るといい。下手に車に対し上品な走り、静粛性、安定感などなど語って要求するのはは車を楽しく運転していないではないかと思う。そういう人はやっぱり将来自動ドライビングシステムを希望している方でしょう。

【乗り心地】
シートの硬さがちょうどいいと思うし、冷風を送る革シートなんて快適そのもの。クラウンやLSと比べても自分の運転ではそんなに乗り心地が変わらないと思った。但し運転席は確かにLSと比べて小さい。
後席も旧モデルと比べて前後が狭く感じる。今までキャリーケースがそのまま後席の足場に置けましたがY51ではスペースが足りない。

【燃費】
結構いいです。このクラスにこの実燃費(下道9.6㎞/L平均、高速は17~18㎞/L平均)。このパワーがほしい、この加速感がほしいから何か諦めるしかない。これは昔から今も同じです。

【価格】
3年落ち1万αkmで約300万はお買い得感が高い。本革とエアーシート、クルコンと前車追尾機能、基本ナビほか追加渋滞情報はかなりの優れもの。

【総評】
新車価格は630万以上するものですが、3年落ち1万キロ、エア革シートで300万購入しているので、300万で評価するとかなりお買い得と満足感が高い。とにかく運転が楽しいです。家族用としてアルファードがあるだから家族は不満を言わない。むしろ家内は日産のデザインがトヨタより優れていると感心。
エコで運転したい時は燃費よく、遊びたい時はそれを答えてくれるなので、万能 ですね。車運転好きな人には絶対お勧めです。クラウンがターボ車が出る⁉楽しみですね、ますますスポーツセダンが楽しくなりそうです。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

フーガハイブリッドは日産が改めてハイブリッド技術に取り組んだモデル。1モーター2クラッチ方式という独特のハイブリッドシステムを採用した。エンジン、モーター、トランスミッションを縦に並べ、それぞれの中間にクラッチを置く方式で、FR車には特に適しており、ホンダのIMA方式と違いモーターによるEV走行も可能な仕組みだ。

発進はほぼ確実にモーターだけで走り出す。エンジンが回っていないEV走行なので、とても静かで滑らかな走りだ。緩やかに走り出すとそのままモーターだけでかなりの距離を走れる。

フーガハイブリッドにはタコメーターが装備されていて、EV走行でエンジンが停止するとタコメーターの針がゼロを指す。針が止まったままの状態で走れるのはちょっと妙な感じだ。

アクセルを強く踏むなどするとすぐにエンジンがかかるが、始動のショックはほとんど感じない。アクセルの踏み込みに対して一瞬のラグがあるものの、すぐにタコメーターの針が動いてエンジンとモーターの足し算で走る。このときの加速感は相当なものだ。

そして少しでも余裕ができるとエンジンの動力を電池への充電に回す。リチウムイオン電池を使っているので、ニッケル水素電池に比べて電気の出し入れ性能に優れている。このことが変速ショックを抑えたり、燃費を良くしたりすることにつながっている。

加速時にEV走行からエンジンが始動して低速ギアに切り替わったときの変速ショックは、よほどの意地悪テストのようなことをしないと出ない。普通のドライバーなら、少々急な加減速をしてもまずショックを感じることはないだろう。

比較的シンプルなメカニズムでありながら、10・15モード燃費で19km/Lを達成しているのは立派。コンパクトカー並の低燃費でクラウンハイブリッドに大差を付けた。これだけ効率の良いハイブリッドに仕上げたのは大したものだと思う。

ただし、価格はちょっと高めというか、クラウンの価格を横目でにらみ、それに合わせた価格にした印象。なので、クラウンよりはちょっと割安な設定だが際立って安いわけではなく、標準のガソリン車よりは高い。豪華な装備や仕様を備えた日産のフラッグシップモデルらしい価格設定である。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

フーガ・ハイブリッドに乗ってきました。トヨタともホンダとも違う、日産らしいハイブリッドカーに仕上がっていました。

そもそもハイブリッドシステムが、いままでの国産車とは違います。エンジンとモーターの間にクラッチを入れてEV走行やアイドリングストップを実現するとともに、トランスミッションは7速ATをベースにトルコンを多板クラッチに置き換えて効率アップを目指したという内容なのです。バッテリーにリチウムイオン電池を採用した点も特徴です。

エクステリアはサイドとリアにHYBRIDエンブレムが追加される以外はガソリン車と共通。インテリアは水温計がパワーメーターに置き換わり、ナビのディスプレイにエネルギーモニターや平均・瞬間燃費、2分ごとの燃費・充電履歴などを表示できることが違いで、デザインは同じです。ただしトランクはバッテリーを積むために、奥行きが狭くなっています。

加速はデュアルクラッチトランスミッションを備えたガソリン車に近いフィーリングです。アクセル操作に対する反応はダイレクトで、回転が上がり、ギアをつなぎ、と変速を繰り返しながら速度を上げていく点も同様。自動車らしい加速の気持ち良さが味わえると表現してもいいでしょう。

トルコンを使わないのに変速がなめらかであることにも感心します。エンジニアに聞いたところ、変速時に瞬間的にモーターを回してショックを吸収するというきめ細かい制御を行っているそうです。ダイレクト感とスムーズ感をここまで高度に両立するには、かなりの苦労があったはずです。

それでいてアクセルを離せばすぐにEV走行に移行し、そのままじわっと速度を上げていくと、100㎞/hまでモーターだけで走れるのです。走行中のEV率はハイブリッドカーでトップでしょう。メーター内にはモーターでの走行距離を表示するモードもあり、横浜市内を1時間ほど走った結果では、約1/3をEVとして走っていました。

ただし気になった部分もあります。乗り心地です。ハイブリッド仕様はフーガの最上級車種ということで、ラグジュアリーな走りを目指したそうですが、重くなったボディに対してスプリングやダンパーがソフト気味で、段差を通過したあとにブルブル振動が残ることがあります。この点に関しては、ガソリン仕様のほうが上という感想を持ちました。

でもフーガ・ハイブリッドにはそれ以上の魅力があると思いました。ハイブリッドカーは運転がつまらないというイメージを、独創のメカニズムを使うことで、みごとに変えてくれたからです。エコとファンを両立した画期的なビッグセダンといっていいでしょう。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
522.9~683.5万円
中古車価格帯
74.0~539.9万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-国産, 日産

  関連記事

関連記事

日産 リーフ|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 空気をすり抜け、静かに疾走するシルエット。日産リーフのシルエット。それは誰もが、電気自動車の新たな時代の到来 …

ホンダ NSX|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア安全性基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:ホンダ インテリア 快適なドライビングを支えるサポート材を配置:強い横Gを受けた上体を支えるド …

レクサス RC F|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 走りのイメージを際立たせたクーペスタイルのデザインと、リアルスポーツカーとしての圧倒的な存在感。RC Fの世 …

トヨタ クラウン|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 低くワイドな構えが、新たな躍動を予感させる。目指したのは、クラウン史上最高にスポーティなデザイン。日本最適サ …

ホンダ クラリティPHEV|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア安全性基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:ホンダ インテリア ぬくもりと落ち着きの空間演出:インストルメントパネルの中央からドアにかけて …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種