国産 日産

日産 GT-R|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

2007年のデビュー以来、GT-Rは独自の存在感あるデザインを基本としながら、イヤーモデルの進化に合わせた改良を積み重ねてきた。エンジン出力の向上に伴い、空力性能を含めトータルでバランスを取り直し、GT-Rらしさを極めたデザインを追求。そのフォルムには、フロントグリル&バンパーから、サイドシル、リヤバンパーに至るまで、2年連続チャンピオンとなったスーパーGT(2014-15年 GT500クラス)で培った空力テクノロジーが追求されている。

引用元:日産




インテリア

GT-Rのコックピットは、プレミアムと呼ぶにふさわしい質感の高さとともに、直感的な操作性を追求。スイッチ数の大幅な絞り込みや、パドルシフトのクリック感の最適化など、細部に至るまでヒューマン・マシン・インターフェースの思想が貫かれている。

引用元:日産




基本情報

全長 4690~4710mm ドア数 2
全高 1370mm シフト 6AT
全幅 1895mm 駆動方式 フルタイム4WD
車両重量 1740~1770kg 定員 4名
排気量 3799cc JC08モード燃費 8.6~8.8km/L

圧倒的なパフォーマンスを誇るスーパースポーツカー「GT-R」。ラインアップは、3.8L V型6気筒DOHCツインターボエンジン搭載の、「GT-R ピュアエディション(GT-R Pure edition)」、「GT-R ブラックエディション(GT-R Black edition)」、「GT-R プレミアムエディション(GT-R Premium edition)」、レーシングカー譲りの究極のハイパフォーマンスを実現するためにファクトリーチューンを施したNISMOロードカーシリーズ「GT-R ニスモ」、「GT-R ニスモ」の専用部品を使用することでよりスポーツ走行に適したパフォーマンスを実現した「GT-R トラックエディション エンジニアードbyニスモ(GT-R Track edition engineered by nismo)」を設定。今回、「GT-R ニスモ」、「GT-R プレミアムエディション」に標準設定していた、「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレード標準設定へと拡大した。また、快適性では、楽しいドライブを演出する「Apple CarPlay」を全グレードで対応した。「Apple CarPlay」は、クルマの中でiPhoneを使うための便利なアプリケーションで、運転に集中したまま、「目的地への行き方を調べる」、「電話をかける」、「メッセージを送受信する」、「音楽を聴く」など、大画面ディスプレイで直接操作ができる。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

口コミ・レビュー・評判

【エクステリア】
押し出し強くよし。
リアはもう少しsmartなほうがよい

【インテリア】
十分高級感を味わえます。
これ以上の質感アップは必要ないです。

【エンジン性能】
怪獣みたいな加速

【走行性能】
高速での安定は素晴らしい

【乗り心地】
2017モデルはゴツゴツ感なく乗りやすい
街のりも問題なし

【燃費】
7.5くらいかなぁ
ここは仕方なし

【価格】
ラグジュアリーオプション、諸経費、税金含めて乗りだし1300万円

【総評】
最後までレクサスLCと迷いました。
決め手は試乗した時の感動。
音、性能、質感全てにスポーツカーを感じました。
LCにはそれがなかった。
もっと年取ってからでも乗れるなぁとー
GTRはお高いですがその価値はあります。
運転が本当に楽しいです。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

納車から4ヶ月、走行1000㎞弱。
普段はミニバン(現行ステップワゴン)。過去の車がステーションワゴン×3⇒ミニバン×2なので比較対象が・・・ですが、普通の30男の感想って事で、ご了承下さい<m(__)m>

【エクステリア】
誰が見てもR35と分かるデザイン。MY17で追加されたダミーダクトも意義は?ですがデザインとしては好きです。
否定的な意見を目にすることが多いですが、ガンダムチックなガキ臭いデザイン、ダサいという批判は承知で、格好良いと感じます。

妻は「無い!」と一蹴。女性受けは最悪?w
保育所、小学低学年の2人の息子からは「スポーツカー!」と誇らしげな声を、50代以降の男性からは熱い視線を頂いています。
良くも悪くも男の玩具ですね(*’ω’*)

【インテリア】
想像していたよりは質感もよく、シートも腰痛持ちの妻からの評判も良いです。
十分満足!なんですがこれが込々1000万オーバーの車か?と言われると?ですが、そこを求めるのであればオプションで2~300万円追加しろって事ですから、ベースグレードとしては十分です。

【エンジン性能】
まだまだ慣らし途中ですので、フル加速は行っていませんが、アクセルをそれなりに踏み込むと、「ジェットコースター」「飛行機の離陸時」の様な加速感を味わえます。同乗者からは、非難轟々な悲鳴が上がりますが・・・
普通に踏み込まない運転でもトルクが太く、低回転のまま坂道でもシフトアップしていく様は驚きました。

【走行性能】
走行性能云々を語れる程の技術・体験は無いですが・・・いつものミニバンで走る道を20㎞以上早い速度で走ってもカーブ等では余裕を感じます。サイズ感・重さの割りにスイスイ曲がって行くので、かなり運転は楽チンです。

【乗り心地】
これまた慣らし中の為、サスセッティングはコンフォートばかりですが、かなり良いです。普通のセダンに乗っているかのような感覚です。この辺りはMY17でかなり改善された部分なのでしょうね。
分厚いドアの包まれ感、シートの座り心地と相まって、助手席の妻からも評判良いです。

【燃費】
1000㎞走行の平均燃費は7.5km/L
カタログ燃費が8.8 km/Lなので、約85%。結構アクセルを踏み込んで遊んでる場面もあってこの数字なので優秀です。
我が家ではセカンドカーですが、この位の燃費なら普段乗りでも使えそうですね(*´ω`*)

【価格】
ベースグレード。追加したオプションは車体色、バックカメラ、プライバシーガラス。
以上で約1050万円。これが高いのか?安いのか?正直判断できません(;´Д`)
ただ、リセールが良いので、意外とお得な車と言えそうな気がしてます。(外車セダンの値落ちに比べると経済的?)

【総評】
完全に宝の持ち腐れ感もありますが、爆発的な加速、スムーズなハンドリング、いかにもなスタイリングと所有の満足感は高いです。
最低地上高11.5㎝と前オーバーハングの長さから、道路の段差・勾配等で気を遣う場面も多く、普段使いにはストレスを感じる場面も多いですが、車そのものの満足度は高いです。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

以前レビューしました定年前のおっさんです。
無事定年し、メーター読みで3万3,000キロ乗り続け、今年新型が出るというので、価格が下がらないうちに売ってしまおうと思い、今年1月に2012年3月登録のピュアエディション(BOSE,リヤカメラ後付け)白色を売却しました。売却価格は725万円。ヤフーでは相場が550前後、日産系列中古店では最高額600万くらいしか出せないと言われました。そんなバカな相場はないと思い、カーセンサーで買い取り業者に当たったところ前記価格となりました。オークションに出そうか悩みましたが、手数料分が安くなるので業者と直接取引しました。値段についてはもうちょっと高くいけたかもしれないなぁ・・・と思いましたがオークション相場から見るとまぁまぁではないかと思います。
約4年間乗り続けた訳ですが、その間の費用、トラブル等皆さんの参考になればと思い再度レビューします。
車については皆さんがいろいろレビューに書かれていますが、それぞれ個人の主観によるものですから、良いと思えば買えばいいし良くないと思えば乗らなきゃいい・・・と思います。私は個人的には日産車は作りが悪いと思っており嫌いなのですがGTRは非常に面白い車だったと思います。
まずトラブルですが、2度ほどありました。一度目は、一年点検の時、後輪デフオイルの漏れが発見されました。そのオイルは直接マフラーの上に垂れており焦げた跡が残っておりました。「火災の恐れがあるではないか、リコール対象だろう。」と整備士に言いましたが沈黙でした。メーカーもいまだリコールしていません。二度目はブレーキです。1,000キロ点検の時、「ブレーキがキーキーとなるので対応してくれ」と言ったところ、「このタイプのブレーキはキーキー鳴るんです」と言われ、ちょっと不信感を持ち乗り続けていました。昨年、駐車場から発進したところ、「バリン、ガランガラン」と非常に大きな音が発生し走行中も「ガランガラン」と空き缶を引きずるような音がし始めたのです。即ディーラーに持ち込んだところ、「ブレーキパッドとローターが当たっている」とのことでした。「空き缶を引きずるような音がローターとブレーキパッドのこすれ音・・・?」と思いましたがメカニックがそう言うのなら仕方ないと思い修理してしてもらいましたが、音は小さくなったものの消えることが無いため、フロントローター二枚交換となりました。いずれも保証期間中のため無料でした。
費用については、二年目の点検の時(走行距離23,000キロでした)にタイヤ交換をした方がいいと言われ、見積もりを聞いたところ四本交換で45万円とのこと。タイヤ屋に直接交換申し込みしたら、「ディーラーの紹介が無いとできない。」と言われました。「ふざけんなよ」と思った私はインターネットで調べて大阪の自動車屋さんのところへ行き、廃タイヤ処理料込みで30万円で交換しました。
点検費用は、1年点検はオイル、オイルエレメント交換で4万から6万円くらい。車検費用は、241,000円(デフオイル交換すれば10万円プラス)でした。
以上参考になればと思い再レビューしました。 この車はメーカー保証を受けるためには、縛りの多い車です。でも前に書いたように、非常に面白い車でした。売却したお金を頭に、新型を買おうか悩んでいます。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
1023.1~1870.0万円
中古車価格帯
375.0~2090.0万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-国産, 日産

  関連記事

関連記事

ホンダ オデッセイハイブリッド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア安全性基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 独自の存在感。躍動の内にスマートを。伸びやかなプロポーションに、想像を超えるゆとりの空間や運転しやすい …

レクサス NX|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア Urban Sport Gearとして生まれたNX。研ぎ澄まされたボディに凝縮されたダイナミズムをお確かめく …

レクサス IS|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア レクサスのスポーツセダン、IS。揺るぎない走りへの意思を凝縮させた、アグレッシブなスタイリングをお確かめくだ …

日産 スカイライン|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア スポーティなドライビングへの高揚感と、巧みな造り込みによる洗練された心地よさを融合した、コックピットデザイン …

日産 シーマ|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:日産 インテリア 引用元:日産 基本情報 全長 5120mm ドア数 4 全高 1510mm シフト …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種