レクサス 国産

レクサス GS F|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

リアルスポーツカーとしての存在感と、大人の深みあるプロポーションの融合。ハイパフォーマンスなGS Fの世界を強烈に印象づけるエクステリアをお確かめください。(走りの性能を極めるためのデザイン・継承される“F”のアイデンティティ・空力性能に寄与するカーボンエクステリアパーツ)

引用元:LEXUS




インテリア

乗り込んだ瞬間に走りへの想いが高揚するコックピット。スポーツカーとしての“インテリア性能”を追求しながら、大人のセダンとしての上質さも漂う空間をお確かめください。(身体のラインと一体になるハイバックスポーツシート・走るための機能性と素材感へのこだわり・フレキシブルに対応する“F”専用メーター・ゲストがゆったりと過ごせる後席)

引用元:LEXUS




基本情報

全長 4915mm ドア数 4
全高 1440mm シフト 8AT
全幅 1855mm 駆動方式 FR
車両重量 1830kg 定員 5名
排気量 4968cc JC08モード燃費 8.2km/L

LEXUS(レクサス)GSをベースに、Fのフィロソフィーを幅広く展開するため、より実用性の高い4ドアスポーツセダン「GS F」。直噴機構D‐4Sを搭載したV型8気筒 5Lエンジン(351kW/7100rpm)を搭載し、ダイレクトな加速を味わえるトランスミッションの8‐Speed SPDSを組み合わせる。今回、一部改良を行った。走行中に見えにくい併走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター(BSM)を標準設定し、安全運転支援を強化。同時に、「F」誕生10周年を記念した特別仕様車「F10th アニバーサリー」を設定(限定25台)。新たに開発した陰影の際立つ「マットマーキュリーグレーマイカ」を外板色に採用。内装色は「F」のシンボルカラーであるヒートブルーをモチーフとするなど、個性を際立たせるとともに、スポーティなイメージを強調している。また、専用チタンマフラーや、CFRPを用いた特別な外装部品により軽量化を実現するとともに、パフォーマンスダンパーを採用し、「F」の持ち味である走行性能を一層高めた。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

【エクステリア】
外観はGS Fスポーツとあまり変わりないが、特徴としてはフロントフェンダーにエアダクトの切込みがあるのと、リアバンパーから覗く4本出しのマフラー、そして巨大?ともいえるビッグキャリパーがその存在感を示すものとなっている。
GSはマイチェン後に、フロントバンパーをグリルの下に隠している。
大きなスピンドルグリルは、押しの強いデザイン、存在感に一役買っている。

【インテリア】
目を引くのは、エコモード・ノーマルモード・スポーツモード・サーキットモードと4つの顔を持つメータパネル。かなりカッコイイ!
インフォメーションも豊富で、シフトポジション・燃費計・タイヤ空気圧・駆動輪のトルク配分表示・Gセンサー・ラップタイム計測 等
ショルダー部分がラウンドしているシートはホールド感があり、助手席に座る女性からも包まれる感があると好評。長時間ドライブでも疲労は少ないと思われる。夏はベンチレーション・冬はヒーターと、革シートでは当たり前の装備も快適。
残念なのはモニターのコントローラー、前車210クラウンからの乗り換えで、タッチパネル方式のモニターと比較すると操作性は明らかに劣る。
モニターは大きく、左右2分割と1画面が設定出来て使い勝手は良い。拡大地図と縮小地図を並べることや、地図とテレビを同時に見ることも可能。

【エンジン性能】
V型8気筒 5000cc 自然収気のエンジンは、エコが主流を占める中で希少なエンジンに思える。
7000回転辺りまでレスポンス良く回るエンジンは大排気量の素振りは全く見えず、本当に良く回る。
半面 普段街中を低速で走行している時は、5Lから想像する湧き上がるトルク感は全く感じない。細くスムーズに回るエンジンと言う印象。
低速でのトルク感でプロが改善の余地ありと言ってるが、低速のトルクが細いのは燃費を重視したからであろうと想像する。
ちょっとトルク増やしてガ燃料バカ食いは遠慮してもらいたい。

【走行性能】
サーキットにそのままノーマルでも乗り込めると言うのが売りのF
巨大なローターとキャリパーは、これならばコースに出ても不安不満は出ないと思われる。
機械式LSDは付かないが、電気式TVDは秀逸らしいが町乗り程度では実感できない。
先程のセレクト式のタコメーターはそれぞれの機能があって、アクセルレスポンスやパドルシフトの反応速度もそのポジションによって変化する。エコモードではアクセルのピックアップにも優しく反応して、逆にサーキットモードでは意図的に高回転を維持しブリッピング機能もある。
ワインディングを爽快に飛ばして走る分には申し分ない。

【音】
V8サウンドと言われると迫力ある大音量をイメージするが、そこは大人のLEXUS。
スタータースイッチを押した瞬間はそれらしい音を発するが、日常はいたって大人しい。
走行モードと回転域での組み合わせで、室内に排気音を醸し出すシステムがあるが、それでも大人しい。
クラウンHVの2.5L直4の安っぽいアイドル音は最低だが、V8は悪くない。

【乗り心地】
残念ながら未だコースに持ち込んで走ってはいないが、一般走行を主眼に置いたサスは固めだが、サーキットを意識するならやはり柔らかい。
それでもナビシートからの不満は聞いたことは無い。車高も勿論高い。

【燃費】
通常は6.0km/L程度か。一般には最悪の部類に入る燃費だが、V8で5Lだぜ!ひと昔前なら2km/Lでも文句言えない。
これはあくまで短距離の町乗りでの燃費。一度の走行距離が延びれば燃費も改善されると思う。
アクセル踏んでぐいぐい走るタイプではないので、自然とアクセルも穏やかに踏むことができる。
燃費表示は、6と表示されたら実際は5.8くらいと、割と正確。

【価格】
新車価格1100万円は昔のNSXよりも高額だが、時代が違うか、、
実際の乗り出し価格は、12~1300万円。普通まともな神経では買えない金額だと思う。
それでも珠玉と言われるこのV8エンジンにはその価値はあると思うが、残念なのは中古市場相場。
燃費と維持費以外(そこが一番大事かも)の全てにおいて、GSのスタンダートモデルより優れているにも関わらず、中古車は安いと思う。

【不満な所】
燃料タンクは66Lと他のGSと同じ容量、満タンで300k走ると心配になる。FD3Sでも80L入るのに
後期型とはいえ、ベースは2012年。クルーズコントロールや安全装備は現行モデルに劣る。
メーターパネルにここまでお金をかけサーキットを意識するなら、水温油温計も、数値で表示してほしい。
ブレーキパットは高性能過ぎるのか、ブレーキダストが半端ない。給油ごとにホイールが真っ黒になっている。
勿論これによるローターへの攻撃性も半端ない。キャリパーさえ大きければどうにでもなる。後はユーザーに判断させろと言いたい。
現在、社外の緩いスポーツパッドを装着しているが、街乗りや峠でも全く問題ない。

【総評】
コスパという言葉で表すと、最低
メインで乗るには、燃費や消耗品の経費を考えると少々重たい。
踏めば暴力的に走るが、走りに関する充実した装備は日常では殆ど無意味。しかも、アクセルを踏み込むことがあるのか??
オーナーがこの車で、山道をドライブするところが想像できない。
価値はFと言うステータス存在感、所有する満足感なのかも知れない。
本来スポーツカーは、その無駄こそカッコイイ!実用性が薄いほど楽しい!
実用性が高いのは、楽しさをスポイルしている事にもなる。
稀に人が乗ることもあり、稀に荷物が多い事もある。もし気がむいたらアクセル踏んで豪快な加速を味わいたい?
そんな稀にある事を満たせる車。
本当は、、、お!Fじゃん!珍しいね!カッコ良いね! もしかしたら、それだけも車かも知れない、、、、
あれもこれも捨てれず、割り切れない大人が乗る車かも知れない。

引用元:価格.com




【エクステリア】
迫力ある外観で凄くカッコイイですが少しボディサイズが少し大きいので
狭い駐車場では苦労するかもしれませんが普段乗りには全く気になりません
【インテリア】
アルカンターラの採用で手触りが良くフロントガラスへの映り込みが無いのが
とても気に入りました。
後部座席も広く、リアセンターアームレストにはエアコンやオーディオの
コントロールができるので快適です
【エンジン性能】
V8 5000cc さすがです、なんといっても音がいいですね
ダウンサイジングが主流の中NA5000ccは貴重な存在です
【走行性能】
アクセルを踏んだ分だけ、ステアリングを切った分だけ、キッチリと反応しくれて
運転が上手くなった気分にさせてくれます
また、ブレーキのタッチがすごくよく安心して止まれます
【乗り心地】
やはり、サスが硬めの設定なのでゴツゴツ感はありますが
よく動いているし安定感は抜群です、僕は気に入りました
硬いのが嫌いな人が後部座席だと少し不満が出るかも
【燃費】
こちらは、試乗なのでよくわかりませんが、まあ5000ccのエンジンなので
あまりエコではないのかなと思います
【価格】
オプションを少し付けて、全部で1200万円でした
いいお値段ですね、でもこの走りでこの装備、そしてLEXUSブランド
なんとなく納得する気がします
【総評】
街乗り○、サーキット◎、冠婚葬祭△(音的に)
な感じです、運転が楽しくなるとてもいいクルマです

引用元:価格.com




レクサスGSにGS Fが設定された。プレミアムブランドのレクサスは、メルセデス・ベンツのAMGやBMWのMに相当するモデルとしてFを設定してきた。最初に設定されたのがIS Fで、最近ではモータースポーツへの参戦を前提にしたRC Fが設定され、今回のGS Fにつながっている。

レクサスはレクサスで独自のコンセプトに基づいてFを設定しているのだが、AMGやMほど徹底したものではなく、メルセデス・ベンツやBMWのビジネスモデルをまねているとしか思われないので、日本人としてちょっと悔しいところである。

GS Fには、トヨタが富士スピードウェイ(FSW)をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗会としては、FSWの本コースも含めた設定になっていたが、都合によりサーキットでは試乗できず、FSW周辺の一般道で試乗した。そのため超高速域での走りは確認できていないことをお断りしておく。

外観デザインはメッシュのスピンドルグリルや大きなエアインテークを持つバンパー、張り出したフェンダーなどによって標準車とは明確に差別化されている。

インテリアもバケットタイプのシート、握りの太いステアリング、手になじむ形状のシフトノブ、メーターなどがすべて専用のものとされている。メーターパネルは中央に大きなタコメーターが鎮座し、その右に340kmまで刻まれたスピードメーターが位置する。

日本の一般道では時速100kmまでしか使わないが、GS Fの速度メーターは真下が0km/hで左水平が100km/hだから、メーターパネル全体のわずか4分の1だけを使うだけだ。当然ながら、数字が小さくて見にくいので、タコメーターの中に表示されるデジタル表示の車速を見て走ることになる。

ちなみにこのメーターパネルは、エコ、ノーマル、スポーツSなどの走行モードによって表示が変わる仕組みである。

専用仕様がいろいろある一方で、インテリア全体の印象はあくまでもGSがベースというものだ。大きく進化した感じではない。本革のスポーツシートのほかアルミやカーボン(オプション)のパネルが使われているものの、GSとの違いをもっと際立たせたい感じだ。

搭載エンジンはV型8気筒自然吸気DOHCの2UR-GSE型。このエンジンはかつてIS Fに搭載されていたのと同じ型式ながら、動力性能は向上が図られていて351kW/7100rpm、530N・m/4800~5600rpmを発生する。AMGやMがターボ仕様のエンジンを搭載するのに対し、GS Fは自然吸気というのが相違点だ。

AMGやMに及ばないものの、大排気量エンジンの動力性能は十分にパワフルなものだ。一般道での試乗だったので、思い切りアクセルを踏みつけてというわけにはいかなかったが、踏み込みに応じて一気に吹き上がっていく感じはさすがにGS Fのエンジンという印象である。回転の上昇に合わせてパワーが盛り上がっていく感じも上々のものがある。

ただ、最高出力や最大トルクを発生する回転数が高めであることからも分かるように、低回転域でのトルクは排気量の割には十分という感じではない。GS Fといっても多くの使用シーンは一般道での走りであることを考えると、このあたりはもっと少し扱いやすくして欲しいと思う。

8速ATはダイレクト感のある変速を示し、スポーツSモードなどでパドルを操作すると、多少のショックを伴いながらも確実に変速していく感じになる。

足回りは当然ながらけっこう硬めだ。サーキットなどの路面状態の良いところでは問題ないだろうが、さまざまな路面のある一般道では小さな段差などでも突き上げを感じる。またフロント255、リヤ275というワイドタイヤを履いていることもあって、一般道での轍では多少ハンドルを取られるような印象もあった。このあたりももう少し煮詰めて欲しい感じだ。

ワインディングではTVD(トルク・ベクタリング・ディファレンシャル)が後輪左右の駆動力配分を行うなので、説明を読むとコーナーでは外側のタイヤに大きめな駆動力を与え、コーナリング性能を高めるということになっているが、それがごく自然な感じで働いているので、TVDの存在を意識することがない。ごく自然にコーナーを曲がれるので、運転がうまくなったように感じられる。

GS Fの車両本体価格は1100万円で、試乗車にはマークレビンソンのプレミアムオーディオやムーンルーフなど67万円ほどのオプションが装着されていた。この性能が1100万円で買えるなら、そこそこ魅力的といえるだろう。

また、メルセデスAMG E63やBMW M5に比べたら格段に安い価格設定なので、それを理由に選ぶ人もいると思う。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
1118.5万円
中古車価格帯
579.0~1200.0万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-レクサス, 国産

  関連記事

関連記事

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア よりダイナミックに。よりクールに。見る者を圧倒する、唯一無二の存在感。フロントビューを中心に進化を遂げたエク …

ホンダ NSX|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア安全性基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:ホンダ インテリア 快適なドライビングを支えるサポート材を配置:強い横Gを受けた上体を支えるド …

レクサス RC F|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 走りのイメージを際立たせたクーペスタイルのデザインと、リアルスポーツカーとしての圧倒的な存在感。RC Fの世 …

日産 リーフ|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 空気をすり抜け、静かに疾走するシルエット。日産リーフのシルエット。それは誰もが、電気自動車の新たな時代の到来 …

日産 フーガハイブリッド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:日産 インテリア 引用元:日産 基本情報 全長 4980mm ドア数 4 全高 1500~1510m …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種