BMW 輸入

BMW X6 M|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

  • 8速 M スポーツ・トランスミッション Drivelogic

8速 M スポーツ・トランスミッション Drivelogic は、その極めてスポーティかつダイナミックなシフト・チェンジで指標を打ち立てます。入念に設定されたギヤ比と驚くほど素早いシフト・チェンジによって、あらゆる速度域でパワーを最大限に発揮させ、最高のパフォーマンスと効率を実現します。

好みの走行スタイルに応じて選択できる3種類のシフト・プログラムを用意。極めてスポーティかつダイナミックなシフト・チェンジから、極めてスムーズかつ快適にギアを切り替える、燃費に優れた方法まで、シフト特性を変更することができます。

なお、X6 M 専用の機能として、停止時には、エンジンとトランスミッション間で駆動力が自動的に伝達しないため、クリープは生じません。

一方で駐車時などで快適な取り回しを可能とする、ロー・スピード・アシスタント機能を搭載。アクセル・ペダルを軽く踏むことによって低速(5km/h 未満)で走行が可能です。

  • M モデルのための xDrive

インテリジェントなフルタイム4 輪駆動システム xDrive は、走行状況に応じて電子制御により、積極的に前後アクスルへの駆動トルクを可変配分。あらゆる状況において、最大限のトラクション、走行安定性、安全性を実現します。

この電子制御による駆動配分は、アンダーステアやオーバーステアを打ち消す作用をもたらし、結果として、ハンドリング性能が向上します。

さらにBMW X6 M の xDrive は、高速でのコーナリング時にリヤにより大きな駆動力が配分されるように設計。よりダイナミックな M モデルらしい走りを可能にしました。特にコーナリングの際には、アンダーステアの傾向が最小限に抑えられ、ドライバーはより俊敏に加速することができ、いっそうダイナミックな走りを満喫できます。必要に応じて、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)を完全に解除すると、コントロール性に優れたドリフト走行さえも可能になります。

引用元:BMW




インテリア

  • M マルチファンクション・シート

オプション装備のエクスクルーシブな M マルチファンクション・シート(運転席& 助手席)は、このクルマの持つダイナミズムをインテリアに映し出しています。シート一体型ヘッドレストに施された “M” のエンボス加工がひときわ際立つ、このレザー・シートはレーシング・マシンのようなフィーリングを漂わせています。

極めてダイナミックな走りでも、深い着座ポジションと、高いサイド・サポート、さらにバケット・スタイルによって、常にしっかりと身体をホールド。シート・デザインはこのクルマのダイナミックな個性を見事に映し出しています。長距離走行でも寛ぎに満ちた快適性をもたらし、傑出したラグジュアリーを感じさせます。一体型のヘッドレストはスポーティな装いを強調。電動フロント・シートの機能に加え、ランバー・サポート、サイ・サポート、バックレスト上部の角度とバックレストの幅が電動で調節できます。

バックレストの上部はくぼみのようなデザインが施され、シートとコントラストを生む配色によってスポーティな印象をいっそう強めています。また、コントラスト・カラーのステッチは、フル・レザー・メリノならではのエクスクルーシブな質感を際立たせています。

  • コックピット

機能的なレイアウト、最高の人間工学、息を呑む眺望:BMW X6 M のコックピットに身を委ねた瞬間から、乗員はパイロットへと変身します。

タイト・コーナーでもしっかりと身体をホールド。高いシート・ポジションで周囲の状況をひと目で把握でき、主要な機能を直観的に操作できる。それが、BMW X6 M のコックピットです。M 専用 マルチファンクション・ステアリング・ホイールは、モータースポーツのようなシフト・チェンジが愉しめるシフト・パドルも装備され優れたコントロール性を実現。M Drive ボタンで M ドライブ・モードを選択すれば、最大限の走る歓びが味わえます。ヘッドアップ・ディスプレイは、エンジン回転数や最適なシフト・タイミングなどの情報をドライバーの視界内に直接投影。エア・コンディショナー、ナビゲーション、オーディオ等のスイッチ類はセンターに配置され、さまざまな機能を助手席の乗員も簡単に操作できます。

※ オプションとなります。また、画像は日本仕様とは一部異なります。
※ 画像は日本仕様とは一部異なります。

引用元:BMW




基本情報

全長 4925mm ドア数 5
全高 1690mm シフト 8AT
全幅 1990mm 駆動方式 フルタイム4WD
車両重量 2330~99999kg 定員 5名
排気量 4394cc JC08モード燃費 -km/L

スポーツアクティビティクーペとネーミングされた「X6」。BMW M社が送り出す、そのハイパフォーマンスモデルが第2世代目となるBMW「X6 M」。BMWの4輪駆動モデル史上最もパワフルな、最高出力575馬力を発生する4.4L V型8気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、わずか4.2秒で時速100kmまで加速する圧倒的な動力性能を実現すると同時に、エンジン・オート・スタート/ストップ機能を装備。さらに、Mモデル初の8速トランスミッションなど、BMW Mが誇る数々の革新的なテクノロジーにより究極のドライビング・ダイナミクスを提供。エクステリアは、テールゲート後端に向けて下降するクーペを彷彿とさせるエレガントなルーフ・ラインが、よりスポーティで躍動的な印象を強調。安全面においては、万が一の事故発生時に、車両の通信機能を介して救急や消防といった機関の早急な手配が可能となる「BMW SOSコール」や、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車速やルート案内など様々な情報をドライバーの視界内のフロント・ウィンドスクリーンに直接表示する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」など、安全かつ快適なドライブに貢献する革新的ドライバー支援システムの数々を標準装備。限定車には「エディションブラックファイヤ」(限定5台)を設定。今回、価格改定を行った。「エディションブラックファイヤ」は右ハンドル設定、「ベースグレード」は右左ハンドル選択可能。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

口コミ・レビュー・評判

BMWのX6がフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。X6にはBMWが袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、サーキット上で存分に走りを試した。試乗グレードはX6 xDrive50i Mスポーツだった。

SUV系のモデル(BMWはX6をSACと呼んでいる)をサーキットでというのはやや違和感もあったが、袖ヶ浦フォレストレースウェイを走らせた印象は、X6はサーキットでの試乗にふさわしい走りの実力を備えたクルマであった。

X6のボディはかなり大きい。BMWの上級車である6シリーズ系のモデルなのだから当然といえば当然だが、全長は5mに近く全幅は2mに近い、さらにSACなので全高も1700mmもある。この大きさは使い勝手に影響する部分もあり、最小回転半径は5.9mで小回りが利かない。

シート高もやや高めの設定となるが、アシストグリップを使って乗り込むような高さではなく、むしろ適度なシート高によって自然な姿勢で乗り降りできる。乗り込んだ後は高めの着座位置とアイポイントによって、開けた視界を持つ。これでボディサイズが手頃なものなら、とても運転のしやすいクルマになるのだが・・・。

インテリアは高級車らしいラグジュアリーな雰囲気にあふれている。シートはダコタレザーの本革シートが標準で、試乗車にはオプションでベンチレーションシートとコンフォートの仕様が備えられていた。インパネデザインはカーナビの画面が新しくなったが、センター部分をやや運転席側に傾けたドライバーオリエンテッドのデザインはBMWの文法の通りである。メーターパネルは液晶でとてもきれいなグラフィックが描かれる。視認性にも優れたメーターである。

X6は後席の居住空間もそれなりに確保されていた。普通は後席に人を乗せることの少ないクルマで、クーペ風のデザインでルーフラインが後方に向けて下がっているので後席の広さはどうかと思ったが、着座位置も低めなので標準体型の大人が普通に乗れる広さがあった。

試乗車はxDrive50i。搭載エンジンはV型8気筒4.4LのDOHCターボ仕様で330kW/650N・mのパワー&トルクを発生する。大柄なボディのSAVで、4WD車ということもあって車両重量は実に2300kgに達しているが、この動力性能があればボディの重さは問題にならない。

低回転域から余裕のトルクを発生するのでスムーズに走り出し、アクセルを踏み込めば猛烈な加速が得られる。文字通り豪快な加速だ。

Mスポーツは足回りにアダプティブMサスペンションが標準で装備され、ダイナミック・ドライブやダイナミック・パフォーマンス・コントロールも装備されている。サーキットを走らせてもコーナーでのロールが良く抑えら、気持ちの良い走りが楽しめた。

大柄なボディなので小回りが効かないなど、デメリットとなる部分もあるものの、潤沢な購入資金があり、余裕ある走りを楽しみたい人には魅力的なクルマになるだろう。日本ではX6の販売台数はあまり多くないが、世界的に見れば相当に良く売れているクルマなのだという。

今回の試乗車は1285万円の本体価格に、ナイトビジョンやサンルーフなどのオプションが約100万円分装着されていた。簡単には手の届かないクルマながら、デザインと走り、高級感のある内装などを考えると、この価格も納得すべきなのかも知れない。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

クーペのようなフォルムのSUVという、あまり前例のないデザインでありながら6年間で約25万台が売れたというBMW X6の2代目を、千葉県にあるサーキットと一般道でドライブしました。新型もすべて4WDのxDriveで、3L直列6気筒ターボの35iと、4.4LのV型8気筒ターボを積む50iが日本に導入されます。乗ったのは50iのMスポーツでした。

エクステリアは、キドニーグリルとヘッドランプがつながった最新BMWトレンドのフロントマスクを導入し、フェンダーラインが躍動的になったことに気付きます。旧型と共通の2935mmのホイールベース上に載るボディサイズは、全長4925mm、全幅1990mm、全高1700mmで、日本の道では持て余しがちだった旧型より、わずかではありますが大きくなってしまいました。

インテリアはインパネが一新されました。高さが抑えられたうえに、ナビゲーションシステムの画面がタブレット端末を思わせるデザインになりました。高めに座る前席に対し、後席の着座位置はフロアに対して低めで、身長170cmの僕が前後に座ると、ヒザの前も頭の上も余裕があるものの、閉所感が気になりました。電動リアゲートを開けてアクセスする荷室のフロアはそれほど高くはなく、奥行きはかなりたっぷりしていました。

車両重量は2320kgになりますが、最高出力450ps、最大トルク66.3kgmを豪語するだけに加速は余裕たっぷりで、ドロロ…というV8らしいサウンドがその印象を盛り上げます。ターボの癖はほとんど感じられず、2000rpmあたりからリニアに力を盛り上げていきます。おそらく306ps/40.8kgmの35iでも不満のないダッシュは示すでしょう。

Mスポーツは電子制御サスペンションが標準装備です。モード切り替えスイッチでコンフォートやエコプロを選べば、快適な乗り心地が得られます。スポーツに切り替えると固くなるものの、コーナーでは姿勢変化を絶妙に抑えてくれます。フロントが275、リアは315という20インチタイヤのグリップを失わせるのは、公道はもちろんサーキットでも至難の業でした。

価格はベーシックな35iでも898万円、試乗した50i Mスポーツでは1285万円します。ボディサイズやデザインを含めて考えると、富裕層がサードカーあたりとして購入するスペシャルティカーという位置づけではないかと思いました。

引用元:価格.com




口コミ・レビュー・評判

初めてのBMWです、今まではスポーツタイプのクーペ主体に10数台乗ってきて初めて窓枠のある車を購入しました、
車高の低い車に慣れていたためX6の高い位置からの運転は風景が違って見えます、ボディが大きく後方視界は悪いが
視界の高さと4台のカメラによって狭い場所も安心して進入できます。
追突防止ブレーキやレーンの逸脱などの警告他多数の安全装備も充実しているので安全度は高いと思います。
ヘッドアップディスプレーもカラーで見やすく必要な表示を選ぶことが目線の移動が少なくてすみ便利です。
走行性能は重い車重を実感しますが8速オートマでスムーズに加速しイライラすることもありません。
まだ納車されて1ヶ月のため今後燃費や細かいレビューする予定です。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
1708.0~2083.0万円
中古車価格帯
388.0~1318.8万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-BMW, 輸入

  関連記事

関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:Mercedes-Benz インテリア 引用元:Mercedes-Benz 基本情報 全長 4702 …

メルセデス・ベンツ CLSクラス|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア なめらかな曲面の陰影が創り出す、美しいダイナミズムに満ちた流麗なクーペフォルム。上質なマテリアルと高度なクラ …

BMW X5 M|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア エクステリア・デザイン 先ず、あなたの視線はワイドなフロント・エプロンへと注がれるでしょう。大型のエア・イン …

BMW M6|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリア|M6 クーペエクステリア|M6 グラン クーペエクステリア|M6 カブリオレインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア|M6 クーペ 引用元:BMW …

メルセデス・ベンツ CLAクラス|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリアラインナップ基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 新時代の躍動をまとう、流麗なフォルム。革新のスタイルが、かつてない歓喜と熱狂を創り出す、新世代メ …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種