トヨタ 国産

トヨタ アルファード|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー




エクステリア

いっそうダイナミックに、先進的に進化し、さらなる高級感と品格を纏った外観デザイン。グリルセンター部の突き出しや階段形状の造り込み、縦基調を強調したメッキ加飾などにより、高級感のある堂々としたフロントフェイスへと進化。LEDヘッドランプはスリム化して精悍な印象となったほか、ヘッドランプ下部をライン発光させることで先進感を演出しています。

ワイドなグリルとメッキモールで迫力を強化。スポーティさに磨きをかけたエアロボディ。フロントグリルを外側へ拡幅し、メッキモールをヘッドランプからバンパーコーナーへと張り出すようにレイアウトすることで、ワイド&ローなスタンスを強調しました。また、エアロタイプの最上級グレードとしてExecutive Lounge Sを新規設定しています。

引用元:トヨタ




インテリア

木目調加飾の刷新をはじめ、より質感高い内装へ。ラグジュアリーな空間が紡ぎ出す、優雅なひととき。室内の味わいを深める新木目調加飾や、心地よいくつろぎへと誘う上質なシート表皮を採用し、質感を大幅に向上。さらに、エアロタイプの最上級グレードExecutive Lounge Sには専用インテリアを設定し、モダンで先進的な空間を演出します。

ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能になりました。これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置することで大幅に拡大。マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを創出します。シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動。フロントエリア最後端で一旦停止します。そして再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になります。

引用元:トヨタ




基本情報

全長 4945~4950mm ドア数 5
全高 1935~1950mm シフト 8AT/CVT(無段変速車)
全幅 1850mm 駆動方式 フルタイム4WD/FF
車両重量 1920~2210kg 定員 7~8名
排気量 2493~3456cc JC08モード燃費 10.4~12.4km/L

トヨタフラッグシップミニバン「アルファード」/「ヴェルファイア」。従来にはない新しい高級車の概念を創造することを目指し、「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発。「豪華・勇壮」をテーマに、特長をより際立たせたデザインとした。今回、マイナーチェンジを行った。2.5L 2AR‐FEエンジンと自動無段変速機(Super CVT‐i)を組み合わせ、アイドリングストップ機能のオプション設定(4WD車は標準装備)により、JC08モード走行燃費12.8km/Lを実現。また、V6・3.5L 2GR‐FKSエンジンと8速AT(Direct Shift‐8AT)を組み合わせ、よりダイレクトな走りの実現と高い燃費性能を確保した。ラインアップは、「2.5X」、「2.5S」、「2.5S Aパッケージ」、「2.5S Cパッケージ」、「2.5G」、「3.5SC」、「3.5GF」、「3.5エグゼクティブラウンジ」、「3.5エグゼクティブラウンジS」を設定。また、「2.5X」、「2.5S」、「2.5G」、「3.5GF」には「サイドリフトアップチルトシート装着車」を設定。「2.5S」は、7/8人乗り、「2.5X」は8人乗り、その他は7人乗りのみ、全グレード2WD/4WDを用意。第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。さらに、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)やブラインドスポットモニター(BSM)を新設定するなど、予防安全装備を充実させた。エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプのデザインを変更することで、それぞれの個性をより際立たせた。インテリアはメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感をさらに高めた。また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「3.5エグゼクティブラウンジS」には、専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートを採用した。

引用元:グー




口コミ・レビュー・評判

20前期3.5S 7人乗りから30後期 Xへの乗り換えです。
今回はある事情で8人乗りが必要だったため、グレードを落としました。
20系でも評価し、2度と買わないと思いましたが、日産があんな状態で選択肢もなく、再度購入にいたりました。

【エクステリア】
前期は不細工でしたが一転しましたね。
後期になり、かっこよくなって20系に負けず劣らずの容姿になったんではないでしょうか?
前期の容姿だったら我慢して20系乗り続けてました笑

【インテリア】
こだわりないのでノーコメント

【エンジン性能】
3.5からなので、パワー不足を感じるかと思いきや、100キロまではあまり感じないです。
パワー不足だと感じる場面は、高速等での追い越し、登坂ぐらいです。
普通に走る分には2.5でも十分ですね。
仕事で300キロ程の荷物を積んでよく走りますが、3.5の時と比べて違和感なく走れてます。
エンジン音も、中に伝わりにくく、踏み込んでも静かです。
今後は3.5買うことないですね。

【走行性能】
ブレーキ性能が飛躍的に向上してたのには驚きました。
20系はほんとに踏み込まないと怖いぐらいでしたが、今回はセダン並みに普通に止まってくれます。
最初、ここに驚きました。
やはり否定的な意見が多かったのかな?

【乗り心地】
ダブルウィッシュボーン採用との事ですが、正直、乗り心地には寄与してない感じですね。
トヨタもそこは強調せず、コーナでのロールを抑える為の採用と謳ってますからね。
フラフラするのは、背の高ミニバンの宿命で、トーションビームがどうこうって問題ではないようですね。
そもそも、あのストロークの短さでは乗り心地が良くなる事なさそうですしね。
乗り心地よくしたい人は常に300キロぐらいの荷物積んどきましょう。
驚くほど良くなりますよ笑

【燃費】
市街地8-10
信号の少ない過疎地10-14
高速80キロ走行14-16(100キロ超えると12-13辺り)
瞬間燃費見てるとこんな感じでした
思ったより良かったです

【価格】
今となっては競合車種もない独占市場で比較対象もないので高い安いがわからないです。
ただ、シートを豪華にしたら100万上乗せ!ハイブリッドにしたら100万上乗せ!
ここに価値観が見出だせなかったです。
Xなら納得の価格かと。
正直、上位グレードはボッタ価格でしょうが、トヨタのドル箱と化してしまってるので致し方ないのかな笑

【総評】
20系の評価ではボロクソに書きましたが、今回は買って良かったと思います。
背の高ミニバンはこんなもんだと思って乗るといい車です。
正直、アンチトヨタですが、いい車に仕上がってると思います。

引用元:価格.com




【エクステリア】
好き嫌いあるデザイン
前期テールの腰高感が少し減った

【インテリア】
前期SRから後期SCなので、必然的に高級感はUP
リラックスキャプテンからエグゼクティブへの変化で使い勝手悪いかと思ったが、我が家では問題なし

【エンジン性能】
2.5HVと比較して、中高速は段違いに楽
ただし、街乗りは間違いなくHVの方が乗りやすい
特に低速時のギクシャクは、慣れが必要
坂道等のエンジンからの悲鳴が無くなったのは、V6ならでは

【走行性能】
ミニバンなので、こんなもの
HVの方が低重心で、カーブは曲がりやすかった
20系3.5のフロントヘビーから来る、カーブでの揺り返しは減った

【乗り心地】
悪くはないが、フワフワは残る

【燃費】
3000キロ走って、8.5k/l
遠出含むので、街乗りだけだともっと下がる

【価格】
ちょっと値段上げすぎ

【総評】
ファミリーカーとしては、悪くない
また買うかと言われたらわからない
次はセダンかSUVにするかも

引用元:価格.com




【エクステリア】
すごくかっこいいです。
特にフロントのグリルの迫力感
ノーマルでもじゅうぶんかっこいい。
そしてデカイ。
【インテリア】
内装が広々として友達に喜んでもらえました。
荷物を積むのに思った以上に積めなかったのが残念だったがシートが快適だったので良かったです。
Wエアコン最高です。
【エンジン性能】
乗車人数7人だったが問題無かった。
そもそも飛ばす車ではないので充分でした。
【走行性能】
曲がるときにロール感を感じた。
だが思ったほどふわふわしていなかった。
【乗り心地】
友達からは乗り心地がよかったと言ってもらえました。
目線が高く運転しやすかったです。
【燃費】
モニター上では平均燃費9.7km/lでした。
満タン方で計算したところ10.0km/lでした。
ミニバンに乗ったこと無いのでわからないのですがいい方だと思います。
【総評】
乗ってみたかったのでレンタカーで借りれたので良かったです。
家族もちの方や友達でどこか行く時に借りていくのもありな車です。

引用元:価格.com




価格帯

新車価格帯
335.4~737.7万円
中古車価格帯
7.5~1190.0万円

※価格は掲載時点
引用元:グー




-トヨタ, 国産

  関連記事

関連記事

日産 フェアレディZ|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:日産 インテリア 引用元:日産 基本情報 全長 4260~4330mm ドア数 3 全高 1315m …

日産 フーガハイブリッド|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 引用元:日産 インテリア 引用元:日産 基本情報 全長 4980mm ドア数 4 全高 1500~1510m …

日産 GT-R|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 2007年のデビュー以来、GT-Rは独自の存在感あるデザインを基本としながら、イヤーモデルの進化に合わせた改 …

レクサス LC|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア 美しさと走りの魅力の一致を目指したLC。フォルム全体から、細部を構成する造形まで、エレガンスと機能を両立した …

レクサス LS|価格・口コミ評判・基本情報・エクステリア・インテリア

引用元:グー 目次エクステリアインテリア基本情報口コミ・レビュー・評判価格帯 エクステリア レクサスの新たな挑戦から生まれた、唯一無二のデザイン。フラッグシップセダンの風格とエモーショナルさを両立した …

アドセンス広告




カテゴリー

今売れ筋の車種

今売れ筋の車種